« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

中華情

孝天さんが出る予定の「中華情」inカナダは明日。

たしかネットで放映があったはず。

てなわけで、CCTVの簡体字にめげながら探すこと1時間。

耐え切れずメインページで繁体字ボタンを押したけど、リンク先は簡体字。さらにめげる

明日の「15:00からCCTV-4」で放映だそうです。

あ、時間は北京時間だから、日本では16時?

時差は1時間だけど、遅くなるのであってますよね?

うー、職場に顔出してる時間かもしれないな。

ま、一応リンク貼っておこう。

CCTVー4

たぶん、ポチるとそのままネットTVにつながるはず。

いけなかった時用に。

予告のページかな??

節目予告

視聴入り口があるのでそこから入ると見れるはず。

さぁ、その時間にPCの前に居れるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しく映画の話。

先日からトニー・レオンさんと金城武さんが来日して宣伝している「赤壁」

武道館公演の夜、ホテルで「インファナル・アフェア」を見てしまって以来、

トニーさんがちょっと気になる。(大スター相手に失礼だけど、見るまでまともに知らなかった)

そして「三国志」ってとこも気になる。

「三国志」はおうちにあって全部読んだ。NHKの人形劇も見てました。

アクションやスケールやらはどうでもええんだが、

ちゃんと話がおもしろくなってるんだろうか?

これってまだ続編製作予定なのよね。

どうしようかしら・・

 

そして11月8日からは「僕は君のために蝶になる」大阪公開。

公式HPはこちら

テアトル梅田ではミニパネル展してるそうで・・どんなだろう?

そして大阪はもう一館。シネマート心斎橋。

こちらは14日で終わるみたいですが、気になるのはその後。

台湾シネマコレクション

29日から12月19日まで上映です。

ホラーはパスですが(バービィ&江口洋介さんが出てるけど怖くて見れない)

ポンちゃんの映画もいまいち好みではないのでパスするかもですが

後は全部、ちょっと&とっても興味ある作品ばかり。

赤壁、僕蝶、台湾シネマコレクション、全部見たら9本か・・・さぁて、どうすべ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

今日はT○T○Y○のレディースデイ

その横のスーパーに用事があって行ったのですが、

そういやレディースデイのお知らせが来ていたなと

思って寄ったのが運の尽き。

出てましたよ、「花より男子~コンプリート版」後半

できて間もないこのお店。

新作から割引があるんですぅ~。

当然、借りました。

前回、同じパターンで「マーマレードボーイ」を借りたというに懲りない私。

前半は「流星無幻楽園」が付いてましたが、

後半はおまけはなくて日本版未収録映像があるそうです。

道明寺が必死につくしの乗ったバスを追いかけてるあのシーンはあるのかしら?

(「流星花園Ⅱ」から見た私は当然あるもんだと思ってみたら無くてショック)

またもや眠れない日々が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祭のあと

祭りも終わり、祭り以外の日もなぜか予定が入りまくっていた10月。

今日10月に入って初めて、一日中家にいました。

8時間以上の睡眠時間を確保し(起きたら夕方)

放置していた送別の品を片付け(ほぼ1ヵ月半放置)

衣替えをして夏物を片付け

ずっと見れずに残っていた「上海タイフーン」を一気に見て

ゆっくりお茶をして・・

祭りが終わったことを少し実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

ロマンス地上波に

BS日テレで放映されていた「ロマンス5段活用~公主小妹」が

関西でも地上波で放映。11月12日より朝日放送にて

という案内がC-POPブログにあがってました。

待ってましたよ!

これでやっと野球延長で途中で録画できなかった回の話が録画できる。

 

「君に続く道」が終わってからアジアドラマが復活しない関西テレビ夜中枠。

こちらでも放映して欲しいんですが・・・

できれば「天使のラブクーポン」を・・・(野球延長が多くて録れなかった回が多いから)

BSでしてる分は予告を見ると今週分でマイクがえらいことに!

と思っていたのに、今度は自動車レースで延びるそうです。

いいんだか?わるいんだか?

 

はじめちゃんは兵役についたそうですね。

1年間の義務期間を過ごし戻ってくる予定だそうです。

1年待つのは長いけど、いい男になって無事に帰ってくるのを祈ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとなくつながった

【I・KEN】のビデオが更新。今回は大阪BACK STAGE。

しかも18日と、19日ファイナルの二本立て。

きっとあれはラストアンコールの後だろうから

私たちが画面でサヨナラの挨拶を見てるときに下ではあんな大騒ぎだったのね。

18日ではハグハグ&記念撮影を楽しむ孝天さん。

そしてなぜかヴィックと笑い転げてる。

「笑笑」となんど言ってるんだか、ほんとに楽しそう。

そして19日。

出てきた瞬間からガッツポーズ。達成感が溢れてる。

続くヴァネちゃんもガッツポーズ。

そして最後に出てきたヴィックはヘロヘロに燃え尽きてました。

あの姿を見ると「やりっきった」感があふれてますね。

ジェリーの姿は映ってませんが、きっと同じ場で同じようないい笑顔をしていたことでしょう。

 

先にアップされていた城ホール後のメッセージビデオ。

あの小さな「yeah~」や画面に向かっての指差しは

この大騒ぎがさめやらぬ間に撮られたのかな。

孝天さんのビデオにしてはやけに高いテンションの理由がわかった気がします。

そりゃあんだけ騒いでたらね。そのテンションも残るっちゅうもんよ。

続けてみるとやっぱり幸せな気分になれました。

 

携帯サイト「AZIO STAR」でも3人のメッセージビデオをアップ中。

こちらはダウンロードできるので携帯に落としていつでも見れる。

&ヴィックとヴァネちゃんも見れる。ありがたや~。

大阪公演分のアップをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

こんなとこに

中国語の通信教育をギリギリセーフで終わらせてホッと一息。

そこでふと思い出す。

そうだ、今月末までなら会員割引がきいたはず。

と、HPをのぞくとなにやら

「華流スターの中国語  F4」の文字。

なんぞや?

コンサートの記者会見の模様がかなり悪い音声で流れます。

ヴィックとジェリーだけ(;ω;)

でも、横に中国語で話した内容が載っているのでちょっと勉強になります。

残念ながら、文字は簡体字ですが・・・

半年も勉強しておきながら未だに読めない文字多数(笑)

ピンインもだいぶ読めるようになったのですが、やっぱり苦手。

漢字見ながら耳で覚えた方が多いかも。

他にもいろいろ有名どころがいらっしゃいます。ジェイ・チョウとか

興味のある方はいってみてね。「華流スターの中国語

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

いとこ会

いとこ会
親戚の集まりで湯の山です。一番上から一番下まで、一家族のぞいて全いとこが集合(^-^)
ひさしぶりに集まると楽しい。50歳越えてるおっちゃんにも、いとこだと未だに「ちゃん」付け。来年も幹事変えてするそうです。次は日本酒とお魚がおいしい土地へ(^_^)v yeah!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣かせる(T^T)

ヴァネちゃんの個人ブログ

Alive not dead

F4への素直な気持ちが書いてあって

読んで号泣cryingcrying

コンサート終了後、打ち上げでの4人の写真もあり。

すんごくリラックスして写ってる4人。(手にはラベル隠してるけどアサヒ)

その笑顔にやりきった達成感がにじみでてます。

その写真見てさらにcrying

お馬鹿・・・

  

 

余談ですが、その写真の孝天さんの分け目は自然。

たく、なぜに無理やり2:8分けだったんだ!(ジャズの時はわかるけど)

いや、ぜったいこっちの方がよかったって!

ファンミのオトコマエ再び。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

鮨花@大阪 vol.3(バタバタな当日)

まずは、開演前に鮨花画像&玄関花楽しみにしていたみなさま。ごめんなさい。

画像もなんとか開演までにと思ったのですが、間に合いませんでした。。

ほんとにm(. ̄  ̄.)mスイマセンデシタ。

 

お花の配達は午前中必着、できれば会場での写真もとお願いしていたので、

お昼過ぎくらいにお花の画像が届くかしらと思っていたのですがお昼に画像は来ず。

昼休みを超えると次に携帯を使えるのは上司の隙を縫ってか、仕事終わった開演時間を過ぎてから・・・ヤバイ・・・。

とりあえず、花屋さんに電話したけど出ないとワタワタしてるうちに昼休みは終わり。

 

夕方、たまたま別の建物へ行く用事ができたので携帯持ちだし、再度電話。

この日、ルンルさんはかなり忙しかったらしく電話もなかなかつながらず、

ようやく出た方に携帯へ画像を送ってもらうようにお願いし、

待ってる間に鮨花の確認をお願いした後輩ちゃんから

「鮨花出てないです。奥にも花があるけどグッズ買う人が多くて見れません」のメールが・・・・

うわぁーー、玄関、あかんかったかも。。。

 

鮨花はアレンジメントなのでそのまま送ると楽屋に持っていかれそうだったから

城ホールさん&キョードー大阪さんに確実に玄関にしてもらう方法をと確認した時、

花があまりに多い場合は主催者判断で表に出さないこともあると言われてました。

武道館の量を見てちょっとヤバイかなぁとは思ってたんだけど、もしかして。

 

画像メールを待っていたけど時間切れで帰社。

まだかいなぁと思ってるとこへ携帯がブイーーン。あ、画像来た。

上司が席をはずしたので、急いで確認してる最中にルンルさんからお電話が

「会場が撮影禁止だったので前日に撮ったものになりました。いいですか?」

「はい、もう十分。ありがとございました。」

さぁ、急いで亜季さんへと思ったところで上司が戻ってきて送りそびれ

あっという間に終業時間=コンサート開演時間。

 

なかなか画像が来なくて心配をおかけした亜季さん(ごめんなさい)へ

ようやくメールしながら会場へ向かう地下鉄にダッシュで乗り込む。

亜季さんに届いた大阪参加の迷さま情報でも鮨花は見つからなかったとのこと。

玄関用で受け付けてもらえたかできれば確認しましょうということで

目的駅についてからルンルさんへ電話をし、直接配達された方に聞く。

「玄関フロア用ということを担当の方に言うと、

楽屋フロア奥のケータリングの横に置くように指示されました。

ものすごくたくさんのお花が置いてましたよ」

というお話ですと亜季さんへ報告の電話をすると

「いいから、走りなさーーーい」 大丈夫、もう走ってます(笑)

城ホール前に着いて飾られたお花を見渡してもやっぱり鮨花は見当たらず。

せっかくみんなが楽しみにしていた生鮨花。

なんとか表に出せないものかと考えつつ席に向かう。

 

翌日、城ホールへ玄関に花が見当たらないと電話を入れたところ

スタンド花は玄関へ、アレンジメントはすべて楽屋フロアに飾ることに決まりました。

届いた花は全部ちゃんと飾っているのでご心配なくとのことですが

大量の花の中ちゃんとわかるようになってるか不安。

「ちゃんと飾られてるのを見たいと思いますが、中に入っていただくのは・・・」

「私はかまいませんけど」

「うちが困ります(笑)」「あ、やっぱり(笑)」

ルンルさんが置いてくれたのはケータリングの横。

そのままの場所にあるなら飲み物や食べ物をとる時にきっと見かけるはず。

 

 

ルンルさんの力作。サーモン握り。

Dscf1571_2_3  

大きな薔薇の派手な作りが大阪らしいでしょ。。下のバランと台がさらにいい感じに。

看板をつけるとさらにパワーアップ

Dscf1575_2_2  

看板の方がデカイ・・・目立てっ(笑)

残念ながら生鮨花には出会えなかったけどメンバーの目には届いている。

気づいてくれてるよね?特に、毎回送られてる孝天さんは。。。

そして開演前の緊張の中「ふふふ」って和んでくれてたと信じよう。

 

 

鮨花@大阪。

GEISAIから1ヶ月。

コンサートまでほんとうに楽しく過ごさせていただきました。

たくさんのいい出会いをいただきました。

 

鮨花@大阪を読んでいただいているみなさまへ

画像のみですが、よろしければコメントにお花の感想をお願いします。

今回アレンジをしていただいたルンルさんへ送りたいと思っております。

 

鮨花へ参加されたみなさまへ。

鮨花@大阪はお楽しみいただけましたでしょうか?

画像が遅れたこと、そして生鮨花をお届けできなくてすいませんでした。

お詫びと言ってはなんですが、看板の木札画像がいまはまだ残っています。

よろしければ記念にどうぞ。

メールにて画像を送らせていただきますので

プローフィールから直接、または亜季さんを通じてご連絡ください。

なお、名前画像は11月17日をもってすべて消去いたします。

ありがとうございました。

 

そして、亜季さん。

お誘いいただいてありがとうございました。

本当に楽しかったです。次回の鮨花もぜひ参加させてくださいね。

 

最後に、出会いのきっかけを作ってくれたF4へあらためて 謝謝。

  

  

おわり

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

鮨花@大阪 vol.2(お品書き)

城ホールだけ参加の方もいらっしゃるとのことで鮨花は楽屋から玄関用へと変更。

武道館でも城ホールでも生の鮨花を楽しんでもらうことになり、お品書き(参加者一覧)を作ることになりました。

スタンド花と違って小さいし、目立たなかったら見つけられない!

看板含めてわかりやすく!

人数が多いから名前小さくなりすぎないようになどなど、

亜季さんと相談しながら巻物にでもしようかと言っていたのですが、

なかなかいい素材が手に入らなくて断念…。

 

さて何に名前を書けば…。

寿司屋といえばやっぱりネタを書いた白木の木札かなぁ。字もそれらしく…。

_

食べるのに箸がいるし~。

Hashi

 

あ~、最後にあがり飲む湯呑み、らしいのないかいな。えーい、チーム名入れてしまえぇ~。残った一人は分は日本酒つけてあげよ(⌒~⌒)

Daiginjo

 

お品書きの文字は…何気にタイガースカラーにしてみたりして。

Photo

せっかくだから赤提灯も(寿司屋じゃないって?)

Daiginjo_tyoutin

決まり文句を忘れずに…。(城ホールでメンバーがあんだけ大阪弁しゃべるんだったら、大阪弁にしときゃよかったと終わってから思いました。)

Eat_us

印刷して、切り切り貼り貼り。お、なかなかええやぁ~ん( ̄∀ ̄)満足。これなら目立つ!(笑)

花屋さんには色紙持っていきます~と言っておりましたが、実際は色紙の倍ほどある板表紙。

寿司形の花を作れといった上にさらにこれですか?と呆れられたんちゃうかと…(笑)

お品書きも預け、花代も増え、お支払も終わり。後は、当日を待つだけとなりました。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮨花@大阪 vol.1

武道館の入り口を飾る花々の中にちょっと変わった形をした花があったのを見ませんでしたか?

そう、巻き寿司の姿をしたお花が4つ! Sn3c0026

以前から寄せていただいてたブログ「朱さんの台所」でされていた鮨花。

お寿司好きの孝天さんに寿司形のお花を贈ろうという企画です。

おもしろいこと考えはんなぁと思って前回のファンミーティングから参加し、F4コンサでは後輩ちゃんを誘って参加。

楽屋と会場入口に届けられたこのお花たち。

実は大阪でもしてたんです。

 

それはGEISAIの朝から始まりました。

「今回、お金がたくさん集まったので大阪でも鮨花出そうと思うのですが

作ってくれそうな花屋さん知りませんか?」

集金に現れた主催の亜季さんの言葉にちょっと運命を感じてしまいました。

GEISAIの二日後に異動することが決まっていた私の新たな職場は

 

「花屋さん」(正式には「花とペットのお店」ですが・・・)

 

このタイミングのこの依頼はきっとしなさいってことやわと思いお引き受けしました。

残念ながら自分の会社ではこの条件は無理やなとわかり、ネットで探した町の花屋さん数軒にお電話。

「寿司の形をしたアレンジを作って欲しいんですけどできますか?」の説明に

どこも「・・・それは、どういう・・・・」まぁ、そうやろね。。。

電話での説明では無理なので過去の鮨花待ち受けにした携帯片手にお店へGO!

何軒かに断られた後、「う~ん・・・・がんばってみます」と言ってくれた

大阪の東三国にあるアトリエ・ルンルさんにお願いすることになりました。

ルンルさんのHPはこちら

 

「お寿司関係のイベントですか?」

そうですよね、そう思って当然!

「いえ、コンサートの楽屋に届けて欲しいんです。F4というアーティストの」

「あぁ、今コマーシャルでしてますね、韓国の・・・」

「台湾です!(きっぱり)」常に韓流との戦い(笑)

「メンバーの一人が日本に来るたびに築地に通うくらいお寿司が好きで・・うんぬん・・今までは主催の人がお東京で送ってて・・(中略)・・今回初めて大阪に来るのでせっかくだから大阪でも4人に見て和んでもらいたいと・・・。」

「へぇぇ、素敵な企画ですね」

褒めていただきましたよ、亜季さん♪ ⅴ(o ̄∇ ̄)/

 

そしてネタ決め。

トロ、たまご、イクラはもう過去に作ったからダメ。太巻きは東京でするからアカン。

「折り詰めにします?」「う~ん、大阪やしバッテラ??」

「今ならこの茶色でウナギ・・・地味すぎですね。」「あなごはかわらないし」

「たい、ひらめ・・・白身しか出てこない」「それ色が変わりません」

「バッテラが~頭から離れない~」「バッテラ色的に難しいです」などなど

10分近く悩んだ結果、秋らしい色を使ってできるものでということで

 

「サーモン」に決定!

 

主催者の亜季さんにお店が見つかったこと、ネタは当日までのお楽しみにして

鮨花@大阪企画 参加者さまへ公表になりました。 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

余韻は消えず

家にいても、会社にいても音が無いときにはコンサの音が流れてます。

レポかくために携帯リスモをコンサ順に曲並べて聞いて反芻(着うたにしかない曲があるし)

聞きながら思い返したら、ますます印象が深くなったような。

武道館でうっかりDVDを買ってしまって、見よう見ようと思いながらも

これでコンサートのイメージが消えてしまいそうで封も切れず。

夢見心地のまま歩いているせいでこけかけて、腰を捻挫(笑)

PC前に長時間座れません。レポかき終わっててよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

F4 JAPAN TOUR 2008(大阪)18日 (遠慮なく覚えてる限り全部、激長・・ちょっと追記あり)

大阪二日目。あきらかに光の量&光の強さが増している。

ふと横を見ると電飾ボード。しかもギリギリサイズ(笑)

ちょっと小さめの工事現場並みの光を放つ電飾棒を振っていたり、

頭に光つけてる人も多かったですね。耳やら角やら帽子やらがピカピカ光ってました。

後輩ちゃんのチケを買ってくれた方は大阪でのライブは初だそうで

明らかに光と声掛けが多いこと、そして私がうるさいことを説明してライブへ。

まずそのピカピカの多さというか派手さにビックリされてました。

この方もヴァネ迷さん。今回のライブはヴァネ迷さんに縁がありました。これは運命?

その方いわく、大阪の年齢層は若い&男性ファンが多い。

たしかに高校生同士や大学生くらいとかがごろごろ。

そして私たちの前の席は男二人組。他にもカップルで来てる方をよく見かけました。

 

開演前の最終リハーサルで機材トラブルが発生したらしく開場が30分遅れました。

ほんとに本番に起こらなくてよかったです。舞台構成複雑だからトラブルも多いのでしょうたまにステージセットが妙な動き方をするとドキドキします。

定刻より少し遅れて開演。

昨日見られなかったオープニングが見れました。

最初から4人とも飛ばす飛ばす。頭から大盛り上がりです。

メンバーもノセ慣れてきてるのと、客席も慣れてきて反応がダイレクトに返ってきてるから楽しいんでしょうね。アドリブばんばん出てました。

そして「Ask for more」で電光ボードが降りてきて・・・やな予感。

おぼっちゃま登場!どうやら金ピカ衣装は日替わり演出のようですね。

今日も4人肩組んで微妙なラインダンス。孝天さんは途中からグダグダでヴィックに笑われておりました。

タップよりよっぽど簡単なステップだと思うのですが・・・

歌い終わった後の挨拶ではヴィックが「元気?ほんまにぃ~?ほんまにぃ~」と大阪弁を連発。今日もヴィックはご機嫌!

歌が終わった後のメンバー探しのMCで、今日はヴァネちゃんまで「ケンチャン?どこ」って(笑)「ケンチャン」流行ってます。

最後にステージに残ったヴァネちゃん。客席との掛け合いが増えてヴァネちゃんの距離がますます近づいていってます。

そしてアカペラは青山テルマ「そばにいるね」。お互いにずっとそんな気持ちでいれればいいなぁと涙。

ソロ一発目の孝天さん。やっぱり明らかにノリよし。客席に対しても盛り上げにかかってます。ちょっと積極的なオトコマエ。

MCでは最初に小さく「もうかってまっか?」

そんな小声で言うならやめときなはれ!もう、そんな死語を誰が教えた!!?

今どきこの言葉を使ってる人、ほぼ大阪人ではないのです。ちょと悲しい・・・・

そしていつも通り、腕まくり腕まくりでタトゥー見せながら「LALALA」。

やっぱりいつもよりオーバーアクションです。客席あおってあおってます。

いつもは歌ってる俺についてこいな感じですが、今回は一緒に楽しもうぜな感じ。

そしてフェロモンはどっかにいって熱いロック青年のまま「おおきにぃ」と去っていきました。

ヴィックの「モザイク」は今日もあっちこっちで「キャー」と「ハァー(素敵)」の嬌声と吐息が行き交ってました。

で、ヴィックがあちこちに目線を飛ばすたびに、指を差すたびにその一帯のペンライトが大きく揺れ、大歓声。

あれ楽しいよね。今日のヴィックは指差しまくりでした。

「Missing you」ではフラれた瞬間に「エーーー」&「あぁぁ」素直な反応で。。。

そんな切ない顔で来られたら・・フリません。私なら。。。てか、みんなそうか。

ヴァネちゃんの太鼓振りの「我不是自己」

バチがパワーアップ。蛍光に光ってました。スタンドのペンライトに負けるから?(笑)

この日は厄日のヴァネちゃん。

1曲終わったところでマイクを倒したか落としたか・・・「ゴンッ」っていうすごい音が(笑)

スタッフが飛び出してきて渡したマイクはその落ちたマイクだったのか音が出ない・・・

大慌てでコーラスのマイクを奪い取ってなんとかのラップには間に合う。

この曲は掛け合いがあるからマイクなかったら台無し。

コールアンドレスポンスの「おお」―「さか」は、今日はみんなわかって大きな声。

ジェリーの「Memory Peces」は登場の仕方が変更。

ピンクのウサギの着ぐるみで登場。途中までそのままウサギで踊ってました(爆)

そしてウサギのままバズーカ砲を放ってました。あれはきっとサイン入りボール。

うーん、やっぱりかわいい。また似合うし・・・

そして着ぐるみはがしたら真っ赤なスーツです。これまた素敵です。

今日はマイク通しての日本語挨拶はなし。

マイクはずして選ばれた迷さんに名前を聞いておりました。今日もぬいぐるみはぷーさん。スヌーピーは横浜だけ?

そして流星花園のテーマ「情非得己」

追いかけるヴィック、拒む孝天さん。逃げるふりして走ってましたし・・・

最後に、お手手捕まれて確保。フォークダンスの様に引き合って、

向かい合って「んんーーーー、マッ」って投げチュウしてました。

今日はむちゃ迫りアドリブなし。ヴィックそこ、がんばれっ!

そして4人揃ってのMCですが、長いわ普通に中国語で話してるから早くてさっぱり。

4人でベラベラしゃべってゲタゲタ笑ってます。ちょっとずつここのMC延びてきてる。

孝天さんとヴァネちゃんは準備に去っていき残った二人の「ラブラブウェーブ」

いつも「シャチョウデス」を取られるヴィック。今日は言われる前に名乗ってました。

そしてさらに「ワタシハ、ジェリーです」と仕返し。

仕返しされたジェリーは「キャー、ジェリー」って言って肩にもたれかかってました。シャチョウ、仕返しならず(笑)

今日のスタートはヴィック。「ここから始めます。こっち向きに回ってね」ときっちり説明。

さすがです。シャチョウ!一発で成功。そしていつもより多くまわってました。

ファンの勢いに負けて止めるタイミング失くすシャチョウとジェリー。

終わった後は二人で中国語でずーーーっと会話。ファンおいてってます。楽しそうだからいいけどね。

そして二人の紹介でスペシャルな人、ヴァネちゃんのバラードパート

「ママ」「IF」「Listen to your heart」

「ママ」はラストを「おかあさん」に変えて歌ってました。

「Listen・・」で一斉に揺れる会場中のペンライト。

ヴァネちゃんのパートは誰かが必ず客席に指示を出すので皆が揃うのでとってもきれい。

次の孝天さんのタップパートは手拍子がメイン。

イントロのダンスからちょっとペンライトは置いといてちゃんと音が出るように手拍子。

「一個好人」もどちらかというと手拍子。今日のセリフは英語で「I'm Gentle man」

イイヒトって英語ではジェントルマンなのねぇとお勉強。

タップはワンフレーズ踊るたびに「ヒューー」&指笛&拍手されてました。

うまく踊れるようになったせいか表情に硬さがなくなってちょっと楽しげな顔になってます。

「rain」では会場中が大きな手拍子。歌ってて気持ちよさそう。

今までは3人だけの世界で楽しんでたのが、今日は会場をちゃんと意識して歌いあげてました。

「ありがとーー」と手を振りながら下がっていきました。

ヴィックが一緒に歌いましょうと「Wherever you are」

今日も楽しそうに笑顔でスタンドに指を差したり、手を振ったり。

今日はアリーナも見下ろして指差してました。そのたびに嬌声とともにライトが揺れる揺れる。

尾崎豊の「I love you」 すごく感情こめて大切に歌ってました。迷様たちの声も響いていい感じに声が混ざり合ってました。

最後は床に跪いて歌ってました。下がるときもそのまま下がっていきました・・・

ヴィックが感激してるのが声から姿から伝わって思わず涙。

たぶん、次はヴァネちゃん。この辺りの曲順の記憶は怪しい。

コミカルなダンスとともに白のスーツがとっても素敵。今日も素敵で眼がハート。

「Lucky Me」「Do it」あと1曲わかりません。ここのダンスはセクスィー。

ここにきてやっぱり客席鷲づかみというか、きっちりのせて雰囲気を作り出していて・・・

すごいエンターティナーだなと何度見ても思うのです。

雰囲気変わってジェリーの新作ドラマのビデオへ。

主人公の設定にそって「一公尺」のはずなのですが、どうも大阪ではジェリーのままな感じ。

あちこちから「ジェリー」の声が飛んでるからよけいにそう思えるのかもしれないけど、客席からの声に押されるように大熱唱。

東京ではもっと静かな感じだったような気がしたのですが、声を絞りだすように歌ってました。

そしてドラマのビデオにあわせて演技をしながら中央のピアノの前へ。

セリフがあるのですが・・・、役に合わせてつぶやくように哀しげに、苦しげに

「愛する人が突然いなくなる経験はお持ちでしょうか?」という切ないセリフ。

なぜか大阪では毎回笑いをとっております。

「お持ちでしょうか?」というそのオバハンくさい言い回しがどうにもこうにも笑いを誘う。

ジェリーは真剣なので申し訳ないと思うのですが、「お持ちでしょうかって・・・・」と

小声のツッコミがそこここで・・・(笑)それまで真剣に聞いていた人も`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

そんな訳で笑っちゃったから「加油」の掛け声も少ない。

そしてジェリーはなんで笑いが起きるのかわからんままなのでしょうね。

そのまま「瞳をとじて」になだれ込みぃ~

ここは客席の大合唱。ただ城ホールは空間が大きすぎ&音響がよすぎで

ジェリーの歌声が入ると客席の声がスピーカーからの声にかき消されてしまう。

たぶん、昨日それに気づいたのか、客席と一緒に歌いたいとおもったのか・・・

今日は途中でいきなりジェリーの歌声がなくなって、入り込みすぎて歌詞とんだか?と思ったらスクリーンにはマイクを下ろして歌うジェリーの姿。

役ではなく、ジェリーとして客席と一緒に歌ってる姿と城ホールに広がる生声の大合唱にまたまた涙。

あぁ、この人を好きになるの、好きでい続けられるのよくわかる。

「みんな最高!!愛してる」とガッツポーズで下がっていきました。

曲は一変して、ロック!ロック!ロック!(これもたぶんここだと思う)

バンドメンバー紹介に孝天さん登場!本日眼鏡有り!

純粋なロックを楽しもうぜとギターをあおり、ギターをあおり(二人いるから)

キーボードを楽しみ、ベースにクビを振り、ドラムにエアドラム?

紹介しながらガンガン首振っていたような・・・

ジャズやボサノバっぽい曲も素敵ですが、やっぱりロックの方が似合うかと思うのですがいかが?

そして気まぐれヴィック機長。(だったと思う。ここ3曲、順番が不明)

ワイヤーアクションにダンス、飛行機型のミニカーに乗ってステージを回り、バズーカをぶっ放し。

ヴィックってこの曲ではずっと口をとんがらせてる感じがするのですが。

そのフフンさ加減がまたたまらなく可愛らしくて、はにゃぁ~ってなって見てました。

ソロパートが終わってコラボパート。

孝天さんとヴァネちゃんの「我不是F4」ロックバージョン。

セリから飛び出してくる孝天さんがどうにも・・・ドンって音が聞こえてきそうで(笑)

反対のヴァネちゃんはピョンって感じなのに圧倒的な重量感。

ここから先、孝天さんはずっと両手広げて音楽にのってノッシノッシと歩いておりました。

そしてヴァネちゃんは客席あおりながら、うちわふらせながらバンバン跳ねておりました。だから最後に・・・

そして「Never Let Go」

この曲は何回聴いてもカッコイイ!&二人のギターの掛け合いというかギター合戦も

スタンドマイク使ってのパフォーマンスも男くさくてたまりません。

いつもはここで一緒になって頭振ってしまって見なくなってしまうところを今日は我慢!

たまにスクリーンに映る孝天さんにうっとり!しながら

目の前でガンガンに全身ゆらしているヴァネちゃんに合わせてうちわ振りまくり!歌いまくり!

この辺りで完全にのめり込んで、隣の存在を忘れ、うちわバンバンぶつけてました。

前の人の頭もやばかった・・・(前の男性は背が高くみえなくなるからとでずっと座ってくれてました)ご迷惑を・・・

グワーーーッと盛り上がったところで「イ尓是我唯一的執著」

後ろの人が「キャー、ジェリー」「え?ちがう??仔仔??えーーーーdown」久々の初々しい反応に耳が反応。

今日もヴィックはいやらしく歌ってました。ジェリーはとっても爽やかに。

孝天さんとヴァネちゃん登場後はもう目が天仔コンビが今日は何をするかに釘付け。

今日も、「聴診器当てる??当ててみる?」「え。いいの?じゃ」「はい、どうぞ」って

今日の孝天さんは胸とくんとくんって動かさずに普通に当ててもらってました。

その間、ジェリーとヴァネちゃんもなんかしてるみたいなんだけど、一回もそちらには目がいかず。結局、それは見ずじまい。

白衣を脱いで「愛不會一真等イ尓」

ここでまたヴァネちゃん跳ねる。跳ねる。よく考えたヴァネちゃんばっかり見てる・・・

いや、ちゃんと孝天さんも見てた・・・

そう、ボール投げるときに一番スタンドに近いとこまで行き、スタンド奥に投げてました。

ジェリーとも肩を組んだり、目で合図しながら立ち位置変えたり

あまりにそこではしゃいでて次の場所へは珍しくダッシュ。

そしてゲームの時間になり太鼓の達人開始。今日も目の前はヴィック。

今回はけっこうテンポアップしてもしばらく客席を向いてペンライトふってくれました。

でもやっぱり最後、早くなる手前辺りから完全にスクリーンに釘付け。

ペンライトは今日も体クネクネ、腰をフリフリしながら、

上に下に横にと客席に見えるようにあちこちでふってくれてました。

横を見るとヴァネちゃんは太鼓乱れうち状態で全身で叩いてるし、

向かいのジェリーはちゃんとファンの方を向いて叩いてたけどやっぱり適当?それでも横浜よりは合ってたかな。

孝天さんはと見ると今日も左手だけ。右肩はまだちゃんと治ってないみたい。

大丈夫かなぁとそっち見ながらうちわを振っていたら、どうも感触が変。

なんか先がぐらぐらしてるかもぉ~と思って小振りにしてたら羽根が吹っ飛び、柄だけが手に(爆)

その柄が上が無くても光ってるところが悲しい。。

幸い、羽根部分は足元に落ちたので拾って付け直そうとしてけど、押し込んだのですが無理。

しゃあないなぁスイッチ消しとこう思ったら羽根を押し込んだせいでスイッチも壊れて消せない状態に。

どうしようもなく柄だけ光らせたまま椅子に放置して太鼓に戻りました(爆)

変わりに片手に双眼鏡!なんか持たないと落ち着かなくて双眼鏡ふってました。

ゲーム終わって歌に戻ってからの孝天さんは最初はちゃんと歌ってたのに後半は

「ショミヨラ」の部分はF3がちゃんと歌ってるのに自分の部分はまったく歌わず、

ダンサーやら客席やらと戯れておいででした。歌が空くたびにF3振り返る(笑)

うちわ壊れたおかげでリズム合わせなきゃと思わなくてすむようになったので、

4人の姿を脳に焼き付けること専念。

ゲーム終わって「第一時間」の前だったかな?

ヴィックがあまりにも大汗をかいているのでステージ上でタオルで汗をふいてました。

最初は自分でしてたのをタオル取り上げられかわりばんこに拭かれて、

最後は孝天さんがまるで子供の汗をふくようにおでこや頬をぽんぽんしながら拭いて

ヴィックがヴァネちゃんと話してる隙にそのタオルを客席に投げっ!

キャーの声で気づいたヴィックが「僕のタオル客席に投げたのっ?」「うん」

「孝天の出して」「いや」「だしてって」「いや、ステージにもってきてないし」みたいなことを身振り手振りでしてました。

間にヴァネちゃんとジェリーにタオル客席に投げられたーーとアピールしつつ。お兄ちゃん’S爆笑。

そこから歌の間も歌ってない人たちはかわりばんこにおしゃべりしながら笑ってました。

すんごく楽しそうで、あぁ、いいなぁこの4人のこんな姿ずっと見てたいなと。

ご挨拶。(たぶん歌の後)

孝天さんは中国語。ヴィックも中国語。最後にお疲れ様でしたと日本語挨拶。ヴァネちゃんは英語。そしてジェリーは日本語。

全部理解できるほどの語学力は無いのでなんとも言えないのですが、たぶん話してる内容は基本変えてないと思います。

武道館から孝天さんの話してる中国語でわかる単語がずっと一緒だから(笑)

今日はヴァネちゃんの家族が来ていたみたいで客席にいる家族に感謝が加わってました。

「煙火的季節」

この辺からヴァネちゃんがおかしくなっていき、その災難がすべて孝天さんに回ってくる。

間奏の間に一人ずつ移動して位置を交代しないといけないのに客席見つめてヴァネちゃん動かず。

自分の位置に来たらまだいるヴァネちゃんに歌いながら笑って「そこどけーー」って蹴りかましてました。

こんなロマンチックな曲で蹴りって(笑)このコンサートで蹴り見たの二度目です。足癖悪いよ、孝天さん。

「あ、しまった・・」と思ったでしょうが、ヴァネちゃん曲に合わせて何事もなかったように移動(笑)

そして曲は無事に終わり「體験」

最初のフレーズの終わり際にヴァネちゃん、歌詞を噛んだか間違えたんで適当に作ってた。

違うのはわかったんですが、中国語に聴こえてたんでうまく合わせて誤魔化したかなぁと思っていたら・・・

これがどうもとんでもなかったらしく、次を歌う孝天さん爆笑寸前!

笑い出しそうなのをむちゃむちゃこらえながら、へにゃへにゃになりつつなんとか歌いきる。

お互いに外向きに立つからしばらくは顔をあわさなかったのだけど

東側ですれ違うときに孝天さんが歌いながら「おまえーー、頼むよーーー」ってヴァネちゃんを指差しながら笑ってた。

その指の指し方がシャオマーに嵌められたアーハオと同じだったのがツボ。

いつもはこの曲を聴くと淋しくなるのが、このおかげで今日はほのぼの。

(追記)この日のラスト。「眼涙(イェンレイ)」と歌うとこをジェリーは「なみだぁ~」と

直訳日本語で歌いご満悦。そして3人も「お、やったやん」の笑顔でしたな。

「ありがとーーー」とあっさり去っていく4人。ん、アンコールあるしね。

きっと下でヴァネちゃんはもう一発蹴りを入れられてたに違いない!と勝手に想像しつつ。

アンコールの時間を利用して、べイベで手が淋しいのでうちわの補修に入るがさらに悪化させて完全崩壊。

あらゆる部品がこぼれてくる。

このアンコールが思いのほか短くて、ワタワタしてるうちに「絶不能失去イ尓」イントロ開始。

4人で出てきて、まずは東の私がいる前から開始。

そしていつもの通り孝天さんのパートでくるっと回って移動開始。

いつもは孝天さんを先頭に1列で行進なのですが、今日はヴァネちゃんがさっきのお返し

とばかりに追い抜いて、振り向きざまに孝天さんに向かってイタズラな笑顔で「へへん」

孝天さん、一瞬ビックリしたあと笑ってました。今日はこのコンビの絡みが多い。

そして北に移動したらここにカメラマンの木村さんがいてたのかな?

最初はヴィックと孝天さんのツーショットでポーズとっていて、

孝天さんが横のヴァネちゃんに写真ーーって誘って3人でパシャ。

その間ジェリーは、カメラと反対側を向いてファンに手を振っていて気づかず。

あら、一人だけ仲間はずれになってるよ、かわいそうーーって思っていたら、

撮り終わってジェリーが参加してないことに気づいた孝天さん。

ヴァネちゃんにジェリーも誘えよーーって。(あくまでも身振りから見た想像です)

で、4人で撮ってたんだっけ??そこは記憶なし。さらに西側で何してたかも記憶なし。

南に移ったらそこにもやっぱり木村さんがいたらしい。カメラ指差してました。

ほんでもって、ここから記念撮影大会。

歌もファンもそっちのけでカメラに向かって「イエーーーイ」

今度はちゃんとジェリーも誘って何度もポーズとってました。できあがりの写真が楽しみぃ~

いつもは順番どおりに歌って決まったカウントで動き出してってしてるのが

今日はまったくの自由。好き放題してましたね。

でも、なんとなぁくいつも動き出してるあたりでは移動してましたけど・・・

いろんなペアで肩組んだり、手をつないだり、目で合図しあったり

4人でいることの楽しさ、コンサートでの充実感、満足感が溢れてました。

そしてファンに向かっての投げチュウの多いこと多いこと。

孝天さんまで出血大サービス!そんな人じゃなかっただろう!

四方八方に投げチュウ飛ばしておりました。

その一つがこっち方面に飛んできて危険危険。。

ラスト「流星雨」

星空を思わせる天井のライトが流星のように降りてきて

一緒に歌いましょうと全員での大合唱。

スタンドで一斉に揺れるペンライトも星のようでとてもきれいでした。

もうすぐ終わりかと思うと淋しい気持ちも少しあったけれど

それよりも幸せで楽しい気持ちの方が大きかったです。

そして再びアンコールの後、スタッフ紹介とエンディング。

テツさんからダンサーの方まで名前をあげて「ありがとーー」

さすがに慣れてきて名前もスラスラ言える様になってましたね。

紹介が終わった後は、ずっと「ありがとー」「謝謝」を連呼しながら客席近くを回ったり

ダンサーさんたちと一緒に拍手したり、音楽にのって踊っていたり。。

孝天さんはセンターステージで腕を広げて音にノッて動きながら客席を見渡してました。

そしてお別れのとき。

それぞれが出てきたステージに戻り階段から降りていくのですが

孝天さんは割りとサッサと降りてたのですが、

今回は名残惜しそうに客席を向いたままバイバイしながら階段を逆向けで下りてました。

それでも早いほう。

ジェリーとヴィックは最後までステージに残って、ファンにバイバイして階段をおりて去っていきました。

最後のスクリーンでの挨拶。

ジェリーは日本語で一言一言、噛みしめるように話し、

孝天さんはまずは中国語、英語でスラスラとそしていつもの「気をつけて帰ってね」

ヴァネちゃんは英語でファンに語りかけ神への感謝をささげ、

ヴィックは日本語でこちらまで笑顔になるくらい楽しげに話してくれました。

また逢えるよ、だって「これは運命」

次に4人揃って会えるのはいつになるかわかりませんが、

出会ったことが運命ならそのいつかを楽しみに待ちたいなぁ。

 

今日のステージで、「みんな最高!」って言葉を何度聞いたでしょう。

それも全員が必ず一度は「最高」って口にしていました。それもほんとに嬉しそうに楽しげに。

大阪で最後を迎えられてよかったと思っていただけたかしら?

日本でコンサートができて本当によかったと思っていただけたかしら?

心からそう思って楽しんでくれたなら応援したこちらも本望。

それ以上のものをいただきましたから。

ありがとう。

F4最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F4 JAPAN TOUR 2008(大阪)17日 (簡単に)

後輩ちゃんと一緒にようやく参戦のF4コンサ。

残念ながら私は仕事のため、30分ほど遅れての参加でした。

会場に着いた時はヴィックの「モザイク」の終わり。

孝天さんの肩は治ってたのか、横山たかしがどうなってたかはわかりません。

後輩ちゃんの話ではあのおぼちゃまはなかったようで・・・太好了!

 

で、まず入り口でなにやら円盤を渡されました。

会社から猛ダッシュで会場に着いた私。

ありがたく円盤で扇がせていただき、とりあえず息を整える。

なんで、まったく説明書きを読まず。うち帰ってから読みました。

たぶん暗いから、まったく見えないと思うけど・・・

 

大阪城ホールは予想はしてましたが、楕円形で武道館より広いのでステージは私たちのCブロックからは少し遠くに感じました。

けど、南北には狭いのと、スタンドの高さが低いので北席はプレミアムですね。

城ホールの天井は低いので武道館より大きめに天井照明が映っていたのですが、

丸みがないので照明に関しては武道館の方がきれいでした。

そして、大型スクリーンに映し出される映像も少し変更あり。

というか城ホールはステージが低かったのかしら?メンバーと一緒に迷様方が映りこむこと多しでございます。

横浜や武道館の時よりエプロンステージから本ステージの間坂が、少し急になってる気がしました。

関東ステージと曲はまったく変わっていませんでしたが、ところどころ演出の変更がありました。

ジェリーの遊園地のシーンの登場が変わっていたり、衣装の早着替えがありました。

他にも衣装が少し変わっていたり、ヴァネちゃんが脱ぐのがエプロンステージから本ステージに変わっていたり、

私・・・確かにベストだと思っていた孝天さんの曲紹介の時の衣装に袖があったり・・・

これは単に関東の記憶が勘違いかもしれません。

後、曲は忘れましたが(また・・・)4人で歌う場面で、エプロンステージでセリがあがっていたりします。

 

なにより違うのが客席の反応。やっぱり大阪です。うるさい(笑)

東京でも各メンバーへの掛け声はあったのですが、ちょっと音に隙間があくと

必ず誰かが叫んでます。当然、バラードの最中でも。

えっと・・大阪では普通のことなのですが、東京ではバラードおとなしく聞いていたので

実はわたしちょっとカルチャーショックでした。みんな叫ばないンやと・・・

この曲のここで叫ぶかぁ??と思う方もいらっしゃるでしょうが・・ごめんね、叫びます。

そして、ジェリーが振り向けば、そっち方面いっせいに「キャー」という叫び声とともにうちわが揺れる。

ヴィックが指差せばそっちがいっせいにうちわが振られる。

ヴァネちゃんが脱げば指笛が鳴り、孝天さんは派手なパフォーマンスしないのでなんもなし。

でもタップの途中でも声かかったり、拍手もらったりしてました。

客席のリアクションに反応してメンバーのリアクションもアップ。

武道館では片思いだったジェリーはようやく孝天さんに振り向いてもらえ、ハイタッチしたり肩組んだり

4人で肩組んだり、中国語でごちゃごちゃ話していたり(しかも曲の合間に)

なんだかテンションが何割か増しになっていましたし、

慣れてきたせいもあってアドリブも何割か増し。

客席には始めての方も多かったようですが、そこはコンサ慣れしてきたメンバーがひっぱっておりました。

明日は学習済みの迷が増。どんな盛り上がりになるのか楽しみです。

それと客席のヒカリもんの光量が増してます。

あんなにクルクル回るライトがあるのねとか、チカチカひかるものもあるのねとか、

クリスマスで庭に飾ってるようなライト巻いてたりとか(笑)

パキッと割る蛍光の腕輪も腕に巻かずに違う色何色かセットで振ってる人多数。

ダダ広い分だけ光の花園のようには行きませんが、草原に光る蛍くらいにはなってるかも。

それといいのか悪いのか城ホールは音響がいいのです。

(でも、なぜかMC最中に何度かハウリング起こしてましたが)

なので、みんな一緒に歌いましょうと歌ってる歌ですが、ちゃんと歌ってるけど武道館ほど迷さまの声は響きません。

その声はメンバーの声&バックの音楽にかき消されます。

でもちゃんと各メンバーには伝わってるから大丈夫!信じて大きな声で歌います。

そしてあのジェリーの哀しいシーン。大型スクリーンのストーリーとそこにいるジェリーの姿がリンクして、

日本語でのあのぽつぽつとしたMCで、日本迷に語りかけます。

「それほど人を愛したことがお持ちでしょうか?」

ここで武道館では一声に「加油」や「がんばって~」の声が、

大阪では「ないない~」のツッコミと笑いをとっておりました。

そして今日は特別の人が来てるお母さんですと紹介してました。

ママが来てたせいもあってかジェリーが力みまくりで音があれーーーーって外れていったり。

 

毎回、何かが起こるコント ホスピタル。

今日は孝天さんの胸に聴診器を押し当てるヴィック。

そして当てられた孝天さんは胸をどくん、どくんて突き出しておりました。

それ見て笑うジェリーとヴァネちゃん。

そして最後はヴィックとジェリーが愛情を確かめて終わり。ブチュー。

 

最後の最後までメンバーのテンションは落ちず。

「大阪最高!」って言いながら客席を回ってくれたり、下がっていったり。

その言葉が嬉しくてますます盛り上がる客席。

ちょっと飛ばしすぎで、最後はメンバーみんな声が枯れ気味に。

そしてアンコールあたりから孝天さんの目がウルウル?

声は枯れたのか涙声だったのか、いつもほどハッてなかった感じ。

ライトの加減かなぁとも思うのですが、どうも鼻も赤いしね。

これは涙がそこまできてたんじゃないかと思うのですがどう思いますか?

 

もうとりあえず、楽しくて満足満足な大阪初日。

翌日見れない後輩ちゃんと思い出づくりにプレミアムな北席最前列へ。

帰れと、階段登れという係員の指示をよそに下がる私たち。

ほんっとに近い!ステージ壁にぶつかってるもの。そりゃ握手もできるわ。

今回、北と南はまったくなかったのがとても残念。

 

後輩ちゃんからは、ケンちゃん、案外・・・爽やか・・・のお言葉をいただきました。

そしてちょっと痩せてるかもと(どこと比較してかはわかりませんが)

それとやっぱりケンちゃんよりヴァネちゃんが来たときの方がテンション上がってますけど・・というドキッとした指摘を受けつつ(笑)

いや、ちゃんとケンちゃんも好きですよ。うん、好き。

でも今回のステージに関してはヴァネちゃん・・・よかったでしょ??

とかなんとか言い訳しつつ。。。堕ちたか、堕ちたな。。と自覚し始める。

後輩ちゃんは、ヴィックに惚れ直して帰られました。

1日だけでしたが一緒に楽しめてうれしかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

いつもの場所で

いつもの場所で
いつものバーで、いつもの仲間とバカ話をしながら一人打ち上げ。そうでもしないと泣いてしまいそうでした。
とりあえず、スマステに間に合うように出てきましたが…ちょっとしか出ないみたいね。
ライブれぽも書きたいのですが、大阪の記憶はホントにあまりなくて…久しぶりに完全燃焼(┳◇┳)今は灰…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わった(ToT)

終わった(ToT)
終わった(ToT)
楽しい時間はあっという間。
悔いなく終りました。
最終日ラストで、うちわも崩壊(爆)
これで終われということね。
楽しかった〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とける〜

とける〜
とける〜
城ホール前です。
リハーサルで機材トラブル発生で開場が30分遅れるそうです。本番じゃなくてよかったけど…
この晴天…とけそうなくらい暑い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラスト!

ラスト!
個人的には本日、最終日。大阪は雲ひとつない快晴の秋空です。
最後、こんな気持ちになれたらいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅にて

自宅にて
打ち上げ中。
興奮し過ぎて眠れない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わははは

大阪最高!(自画自賛)(≧∇≦)
大盛り上がりでした。盛り上がり過ぎて孝天さん、アンコールで涙目(たぶん)他3人もずっと笑顔(^O^)この調子で明日も盛り上がろ~
地元なので、打ち上げはなじみの店で。帰ってからさらに打ち上げは続く…予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

F4 JAPAN TOUR 2008(武道館)・・・8日。超長いです。

そして8日。

この日はお知り合いの迷さまのご好意でチケットを譲って頂き1階東で参戦。

これが見事に東の花道ドまん中!

そして見事に大型スクリーン用カメラの真後ろ!

開演前にメールした方から「カメラ蹴倒してしまえ」といわれた席でした(爆)

前日、大変お世話になったカメラをそんな扱いはできませぬ。

そして後ろの方だったので、2階席の天井がまるかぶりでその大型スクリーンはまったく見えず。

地べたに這いつくばってようやく字幕が見える程度でした。

私は横浜&前日と見ていて内容を知っているからよかったのですが

まったく初めての人にはちょっと厳しい席かなぁと思いました。

通路はさんで隣の関西から来た二人組みは初ライブだったらしく

「今、なに映ってるの??なになに?わっかれへ~ん」とスクリーンのありがたみがひしひし。

きちんとスクリーンが下りて見えたのはヴィック機長のシーンくらいだったかな。

スクリーンを使って何かをするたびに地べたにはいずる3人(笑)

「こんなライブ始めてやわぁ」とお隣の二人組みは笑いながらのたまってましたが私も初めてです。

その代わり、1階席は完全に双眼鏡要らず。

メンバーの表情が、動きが、障害物さえなければ肉眼ではっきり見れました。

最初、少しだけ使っていたのですが、もうほんの十数メートル前にいるし、

眼鏡の度が少し合ってなくて普段は遠くに人の顔がわかりにくいのに

スーの顔だけはハッキリとわかるんです(笑)

さらに通路脇だったので一歩横にずれると何の障害もなく真正面にメンバーがおりました。

私の前の人も天迷さんだったらしく、孝天さんが来るとやっぱり通路に出るので

孝天さんだけなかなか障害なし(失礼)で見ることができなかったのですが後の方はバッチリ。

途中で、今日は双眼鏡は使わない!と決めて8日は見ることにしました。

 

ここから写真・曲名・ネタバレありです。コンサート前に雰囲気を知っておきたいという方はどうぞ。まっさらな気持ちで臨みたいという方はコンサート見た後にどうぞ。携帯でご覧になってる方は見えてしまうと思います。ごめんなさい

(17日追記・・・本日大阪公演でした。下の曲順、ところどころ嘘つきです。脳みそくされてました。出てる曲はほぼあってます。直す間がないので曲順、演出順はこんなもんかもと思って読んでね。)

続きを読む "F4 JAPAN TOUR 2008(武道館)・・・8日。超長いです。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

同じ大阪に・・

みなさん、もうおそろいですよね。

明日からしばらく近くを通って出勤できるのね。

そう思うだけで

幸せ(*≧m≦*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

F4コンサート 18日チケット譲ります

今回、たたられまくっている後輩ちゃん。

上司に阻まれ18日も泣く泣く不参戦です。

というか危うく全滅のところだったそうで・・・

一回だけでも見れてよかった(ノ_≦。)

その一回を目一杯楽しみましょうね(私は途中からだけど)

 

今回もヴァネ迷さまに買っていただきました。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

F4 JAPAN TOUR 2008(武道館)・・・7日

かなり遅ればせながらの武道館レポ。

前に書いてる部分もあるのでちょっくら感想がずれてるかもしれませんが・・・

7日、8日と続けて参加した武道館。

もうあちこちで記事であがってますが、機材トラブルで10分ほど中断となってしまいました。

2階スタンドで見ていた人はわかったと思いますが、孝天さんのソロの最後、

真ん中のステージの床が斜めになって下がってしまい人が直してはりました(-o-;)

で、中断と聞いたときには「やっぱりねぇ」がほとんどの周りの反応でした。

安全面を考えると必要な中断でしたね。

使えない舞台機材にあわせて急遽、ステージングを変更して

ギリギリまでやりきったヴィックには頭が下がります。

機材が直ってからはもう一度最初から元の演出でやり直してくれました。

2つ見たからわかったきちんと計算し、練習を重ねた成果。

やっぱり元の舞台は数倍ステキでしたね。

アクシデントもライブの楽しみのうちですが、一つ間違えは大怪我につながる機材トラブル。

今回は演者に誰も怪我が無くてよかったです。

そういえばヴィックはさらにマイクもトラブってましたね。

マイクの本体?というかお弁当箱が外れて手に持ったまま踊ってました。

7日はトラブル続きできっと満足がいく内容ではなかったでしょう。

最後まで悔しそうなヴィックの表情が印象的でした。

初日の武道館はトラブル続きでリハーサルでは孝天さんが怪我。

怪我して叩けないものができてしまいました。大阪では治ってるといいな。

この前も書きましたがステージでちゃんと謝ってたのに、英語力無くてすいません。

でもその7日は陽気な同行者がいたので、一緒に楽しく盛り上がりました。

初めてのF4、しかもお友達に「絶対に楽しめるから」と薦められて

チケットがもしあったらとわざわざ武道館まで来られたとか。

余っていたチケットを引き取っていただきました。ありがとうございました。

彼女が知ってるのはお友達がファンであるヴィックと、

そのお友達に連れられてコンサートに行ったヴァネス。(なぜにヴァネちゃん?)

あなたのうちわについてる人は??「ケンです」

この人は誰?と指差したのは「ジェリー、主役です」「あら、ヴァネスじゃないの」(爆)

「一公尺」では「なんであんな顔してるの?笑顔がかわいいのに。」「・・・・・」

と周りにいる人から見たらとぼけた会話をしながらのライブ。。

周りにいた方ごめんなさいね。きっと苦笑いしてたでしょうね。

7日は2階西スタンドだったため、西側のエプロンは隠れてしまいまったく見えず。

途中で気になったのでしょう。ヴァネちゃんとジェリーは

どこのエプロンでも手前のスタンドが見える位置で必ず止まって

手を振ったり指差してから奥へ進んでました。

ヴィックも時々思い出しては止まってちょっと上を向いて奥へ。

そして孝天さんは目標に向かってまっしぐら、さっさと視界から消え去っていきました(爆)

そして東西スタンドのセリが上がるとほんとに目の前にヴァネちゃんが!!(゚ロ゚屮)屮

こんな高さまであがって来てくれるんだと感動でした。

あれは狭い武道館ならではですね。横浜では高いなぁ・・・くらいの感覚でした。

残念ながら南北は低いセリだったので1階席の方まででした。

そして高所恐怖症のあの方は、武道館でもその高いセリには一度も乗らず。。。

あれは・・・無理だな。。。

そして武道館ならではというと天井に当る照明とファンの持つライトの美しさ。

会場の客電が消えた瞬間、あちこちで光るライトがとってもキレイで。

同行の方は韓流ではこんなにペンライトは持たないから初めて見たとおっしゃって

いたく感動しておられました。(本当はもっと派手なんですとは言えず・・・)

中華独特の電飾がない分派手さはなくなりましたけど

逆に青いステージライトの中でキラキラと色を変えて光るペンライトが星のようでした。

まさに「流星花園」って感じでした。

そして天井に当るライトもそれぞれの世界観を作り出していて

ピンク・黄・青の遊園地色、星のような模様、青い空。

まん丸いドーム型の屋根が最初からあったセットの様に。

あの景色は楕円形の横浜やたぶん大阪でも味わえないだろうなと思います。

やっぱりここでも武道館を意識したセット造りを感じさせられました。

肝心のパフォーマンスはと言うと

ソロも4人でもパフォーマンスは横浜よりさらに練られたものになってました。

ヴィックはますますコミカルに、

ヴァネちゃんはどんどんファンをあおっていき、

ジェリーはすっかり役の世界にはまり込み、

孝天さんはきっちりいつもと変わらぬ我が道を行くけど微妙にテンション高し。

そして何より4人揃うとじゃれあってる時間が少しずつ長く・・・

こっそり何かを打ち合わせして知らなかった人を驚かせたり

ヴァネちゃんとジェリーはハモリを決めていて、

うまく終わった瞬間の二人の嬉しそうな笑顔とジェリーのガッツポーズ。

少しずつアドリブも増え、日本語も増え。

ちょっとずつ増えていくボディタッチ。

すれ違ったときに一番何もしないジェリー&孝天さんコンビでもボディタッチ。

ただ、これは完全にジェリーの片思いでしたけど。。もう少しなんか返してあげようよ。

そしてやってるジェリーも「して大丈夫かな?」と思いながらですか?っていうタッチ(笑)

それもジェリーが触ってくるのはお尻とか胸(爆)

野球選手かいっ!勝手に心で突っ込んでました。

返しようが無いといえば返しようが・・・・

でもこの日の「流星雨」では4人でしっかり円陣組んでたし

隣はジェリーだし。やればできるじゃん(関東風)と思いつつ。。ハラハラ。

なぁんか猫同士がお互いに近づきたいのにどうしようかと

間合いを取り合ってるというかみたいに見えました。

先にお手手差し出すジェリーの方がちょっと大人?

 

スタンド席、特に前半分ならば自分の真下は見えないとはいえ、

それ以外のところはほぼちゃんと見えたし、

そして大型スクリーンのおかげで遠くにいるメンバーの表情もちゃんと見えるし、

特にソロパフォーマンスだと小さな本人を見ながら表情も見られるので

そばで息づかいは感じられないけれど、それでもコンサート全部を満喫するには

ちょうどよい席だったのかな?と思いました。

なによりスクリーンの画像がちゃんと見れてことが一番。

今回のコンサート、この大型スクリーンが大活躍。

メンバーの表情を映し出すだけじゃなく、セットにもなるし

歌詞カードにもなるし、アーケードゲームの画面にもなるし

メッセージボードにも、カメラにもなるので見えないとまぁ大変。

スクリーンが見えないと楽しさ半減な部分もあります。

(それは別の部分でカバーされてました)

メンバーは4人でいるときはほぼ均等に映し出され、

じゃれあいもしっかり捉えてくれるので、

双眼鏡で「どこやどこや」と探す手間はとっても省けます。

ほんとにお目当ての人が近くに来たときだけにしか使わなくてすむかも。

ソロの時は当然、大写しですしね。

ほんとにスクリーンのおかげでストレスなく楽しめました。

 

そして武道館で感じた横浜との一番の違い。

それはメンバーだけでなく、見に来ている迷さま達がコンサートを

盛り上げよう、もっと楽しもうとしていること。

これは横浜の時はまだお互いにどう接していいのかわからずと惑っていた部分が

メンバーが段取りがこなれてきてもっと迷に近づこうとしてくれたこと

そして横浜で見た迷たちは「これじゃいかんっ」と多少なりとも思ったはず。

もっと一緒に盛り上がろうとというか、なんとか支えねばと言うか(笑)

開演前からあちこちでいろんな企画を呼びかけていたり

公演中もあちこちでメンバーに声がかかったり

歌詞を飛ばせば代わりに歌い、感動して声が出なくなれば代わりに歌い、

「一緒に」といわれれば一緒に歌い・・(歌ってばっかり)

ほんとに武道館全体がとても温かい雰囲気に包まれてました。

一緒に成功させよう、一緒にいい思い出をつくろう、

そんな気持ちが溢れている、それが上から見ててひしひしと感じました。

きっとメンバーもそんな雰囲気を感じ取ってくれていたはず。

ステージ上の雰囲気もどんどんよくなって、

お互いの絡みも客席との絡みもリラックスしたものになって

それがますます迷さま達を楽しませ・・・とすごくプラスに動いてました。

7日はまだ段取り追ってる部分も見え隠れ。でも予兆はありました。

そして8日にすべての歯車がピタッと一致したのです。   つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

Ask for more

(ジェリー)
よん がん づぇぃ  づぁ し ずぇぃ はお だ じ ふぇい 
勇 敢 追  這 是 最 好 的 機 會 
(孝天)
がん じゅえ しゃん ぐぁん い こう
感 覚 像   灌 一 口 
まお じゃ ぱお だ くぁい ら
冒 著 泡 的 快 樂
(ヴィック)
しゃん ちぇん ふぇい  う ふぁ ふ ぢぃ だ てぃ ふぇぃ
向 前 飛  無 法 複 製 的 體 會
(ヴァネス)
うぇい よぅ にぃ じぇ うぉ だ くぁ 
唯 有 你 解 我 的 渇

(ジェリー)
らん くぁ わん う しぇん だ ざい しぇん ぢゃん  
譲 渇 望 無 限 的 再 生 長 
あい び ぶ づ し ふぁん しゃん
愛 並 不 只 是 幻 想 Woo Woo Woo
(ヴィック)
らん づぁ す じぇん すぇぃ じゃ いぇん じん いぇん ぢゃん
譲 這 世 界  随 著 眼 睛 延 長 
よう しゃん しゃん  じょ よう なん りゃん ざい ふぇい しゃん
有 想 像  就 有 能 量 再 飛 翔

(2人)
Don't Stop,Ask For More
うぉ めん づ だ ずぇい とう びえ だ ぐん はお ぐん どぅお
我 們 値 得  最 特 別 的  更 好 更 多
(ヴァネス)
に だ うぇん し しぇん みん り ずぇい てぃえん めい だ ぺい ふぁん
你 的 吻 是 生 命 裡  最 甜 美 的 配 方 
つぉん び い ちぇん びぇん だ ぶ ざい やん
從 比 一 切  變 得 不 再 一 様

(4人)
よん がん づぇぃ  づぁ し ずぇぃ はお だ じ ふぇい 
勇 敢 追  這 是 最 好 的 機 會
がん じゅえ しゃん ぐぁん い こう
感 覚 像  灌 一 口 
まお じゃ ぱお だ くぁい ら
冒 著 泡 的 快 樂
しゃん ちぇん ふぇい  う ふぁ ふ ぢぃ だ てぃ ふぇぃ
向 前 飛  無 法 複 製 的 體 會
うぇい よぅ にぃ じぇ うぉ だ くぁ 
唯 有 你 解 我 的 渇
ざい もん しゃん り ざい たん すぉ
在 夢 想 裡  再 探 索

(ヴィック)
らん くぁ わん う しぇん だ ざい しぇん ぢゃん  
譲 渇 望 無 限 的 再 生 長 
あい び ぶ づ し ふぁん しゃん
愛 並 不 只 是 幻 想  Woo Woo Woo
(ジェリー)
らん づぁ す じぇん  すぇぃ じゃ いぇん じん いぇん ぢゃん
譲 這 世 界  随 著 眼 睛 延 長 
よう しゃん しゃん じょ よう なん りゃん ざい ふぇい しゃん 
有 想 像  就 有 能 量 再 飛 翔

(2人)
Don't Stop,Ask For More
うぉ めん づ だ ずぇい とう びえ だ ぐん はお ぐん どぅお
我 們 値 得  最 特 別 的  更 好 更 多
(孝天)
に だ うぇん し しぇん みん り ずぇい てぃえん めい だ ぺい ふぁん
你 的 吻 是 生 命 裡  最 甜 美 的 配 方 
つぉん び い ちぇん びぇん だ ぶ ざい やん
從 比 一 切  變 得 不 再 一 様

(4人)
よん がん づぇぃ づぁ し ずぇぃ はお だ じ ふぇい 
勇 敢 追  這 是 最 好 的 機 會
がん じゅえ しゃん ぐぁん い こう
感 覚 像  灌 一 口
まお じゃ ぱお だ くぁい ら
冒 著 泡 的 快 樂
しゃん ちぇん ふぇい う ふぁ ふ ぢぃ だ てぃ ふぇぃ
向 前 飛  無 法 複 製 的 體 會
うぇい よぅ にぃ じぇ うぉ だ くぁ 
唯 有 你 解 我 的 渇
ざい もん しゃん り ざい たん すぉ
在 夢 想 裡  再 探 索

(2人)
Don't Stop,Ask For More
うぉ めん づ だ ずぇい とう びえ だ ぐん はお ぐん どぅお
我 們 値 得  最 特 別 的  更 好 更 多
(ヴァネス)
に だ うぇん し しぇん みん り ずぇい てぃえん めい だ ぺい ふぁん
你 的 吻 是 生 命 裡  最 甜 美 的 配 方 
つぉん び い ちぇん びぇん だ ぶ ざい やん
從 比 一 切  變 得 不 再 一 様

(4人×2回)
よん がん づぇぃ づぁ し ずぇぃ はお だ じ ふぇい 
勇 敢 追  這 是 最 好 的 機 會
がん じゅえ しゃん ぐぁん い こう
感 覚 像  灌 一 口 
まお じゃ ぱお だ くぁい ら
冒 著 泡 的 快 樂
しゃん ちぇん ふぇい う ふぁ ふ ぢぃ だ てぃ ふぇぃ
向 前 飛  無 法 複 製 的 體 會
うぇい よぅ にぃ じぇ うぉ だ くぁ 
唯 有 你 解 我 的 渇
ざい もん しゃん り ざい たん すぉ
在 夢 想 裡  再 探 索 

 

 

この曲聴くとコンサの4人を思い出して楽しくなります。

一緒に踊りたいです。おぼっちゃま。。(大阪もおぼっちゃま?)

 

で、私が読み方つけてるのはこれでおしまい。

ほんとうはもう一曲つけたかったんですが、今のところこれが限界。

ほぼ自分のための覚書です。コンサで歌詞を忘れてた時のショックのでかさ・・・

もし、ちょっとでもお役にたっていたらうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一時間 I’m always here for you

(Van Ness)
This song goes out to all those special people in my heart.
But that one person that matters the most you know who you are.
Doesn’t matter for now doesn’t matter latter.
All I gotta do is make that call
Turn around they you are.
And so to you from the bottom of heart
I wanna say one thing “Thank you”

(ジェリー 2回目ヴィック)
れい ら ぶ やお じぇん うぁい
累 了 不 要 見 外
ば うぉ うぁ ち らい
把 我 挖 起 來
とぅ が とぅおん くぁい
吐 個 痛 快
かん ぶ ぐぁん ぽん よう よう なん
看 不 慣 朋 友 有 難
しぇい はい るん るん だ うぇい ぐぁん
誰 還 冷 冷 的 圍 觀
うぉ だ しょう しん
我 的 手 心
うぇい にぃ うぉ ち らい
為 你 握 起 來

(1回目 2回目ケン)
ふぁん ら ぶ やお じぇん うぁい
煩 了 不 要 見 外
ば うぉ ざお ちゅ らい
把 我 找 出 來
ぺい にぃ ふ だん
陪 你 負 擔

(ヴァネス 2回目ケン)
しゅ べい か ふぇ だ うん ぬぁん
續 杯 咖 啡 的 温 暖
い づ ぬぁん だぉ にぃ しゃん かい
一 直 暖 到 你 想 開
に しん ちん だ かん どぅおん らん うぉ らい てぃえん まん
你 心 情 的 坑 洞 讓 我 來 填 滿

(ケン 2回目ヴァネス)
ぞう てぃえん ほぅえい べぃ じん てぃえん みん てぃえん らい ちゅ だい
昨 天 會 被 今 天 明 天 來 取 代
どぅ しん だ ぐぁん ちん ぶ ほぇい たぉ たい
動 心 的 感 情 不 會 淘 汰
ぐぁん しん ちゃん ざい
關 心 常 在

(F4)
じょ すぁん にぃ うぉ ざい る なぉ しゅえん ほぁ じょん ぞう すぁん
就 算 你 我 在 熱 鬧 喧 嘩 中 走 散
よぉ ちん ほぇい でぃ い しゅ じぇん がん らい
友 情 會 第 一 時 間 趕 來
らん てぃぁお るぁん だ しん ぴん たん しぁ らい
讓 跳 亂 的 心 平 躺 下 來
ちょん しん だ ふ し じぇん だん
重 新 的 呼 吸 簡 單
しぇん しぇん だ まん まん だ
深 深 的 滿 滿 的
ぽん よう づ やぉ にぃ べぃ ぐ だん やぉ だ じゃぉ ぶ ちゅ らい
朋 友 只 要 你 被 孤 單 壓 的 叫 不 出 來
うぉ でぃ い しゅ じぇん そん ちゅ ぐぁん ほぁい
我 第 一 時 間 送 出 關 懷
る る だ いぇん しぇん ぺい にぃ かん かい
熱 熱 的 眼 神 陪 你 看 開
ざぉ ほぇい な ぴぇん だ ず らん
找 回 那 片 大 自 然
うぇい じゃ にぃ ばぉ じん にぃ しゃん しん にぃ
圍 著 你 抱 緊 你 相 信 你

(ケン 2回目ジェリー)
うぉ ちゅぇ でぃん
我 確 定

 

 

4人で歌ってる姿を見るだけでウルウル(p_q*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶不能失去イ尓

(ジェリー)
めい よう にぃ うぉ ほぇい し しぇい
沒 有 你 我 會 是 誰
しん てぃん ざい な り どぅぇ ぶ どぅぇい
心 停 在 哪 裡 對 不 對
な じん てぃえん つぁ でぃぁお ぞう てぃえん
拿 今 天 擦 掉 昨 天
くぉん ばい い ぴぃえん
空 白 一 片

(ヴィック)
な い てぃえん ざい な い てぃえん
哪 一 天 在 哪 一 天
く い じ しゅ うぇい うぁん ちん じぇ
可 以 繼 續 未 完 情 節
ざい づ じゃお つぁ でぃえん
在 這 交 叉 點
しぇい ぺい ざい にぃ しぇん びぃぇん
誰 陪 在 你 身 邊

(ケン)
じょ すぁん ちゅぇん し じぇ どぅお やぉ ば にぃ ふぉ でぃん
就 算 全 世 界 都 要 把 你 否 定
いぇ ぶ なん らん うぉ ふぁん ち にぃ
也 不 能 讓 我 放 棄 你

(ヴァネス)
じょ すぁん うぉ めん だ ぐぉ ちゅ どぅお めい よ ら じぇん みん
就 算 我 們 的 過 去 都 沒 有 了 證 明
(ケン&ヴァネス)
うぉ い らん しょう ふ にぃ
我 依 然 守 護 你

(F4)
Oh Baby Baby Baby  My Baby Baby
うぉ じゅえ ぶ なん しゅ ちゅ にぃ
我 絶 不 能 失 去 你
にぃ しょう しん にぃ しぇん いん
你 手 心 你 聲 音
はい じぇん りん うぉ だ しん
還 佔 領 我 的 心
づん なん うぁん じ
怎 能 忘 記
しゃん に じょ しゃん し ふ し
想 你 就 像 是 呼 吸

Oh Baby Baby Baby  My Baby Baby
うぉ じゅえ ぶ なん しゅ ちゅ にぃ
我 絶 不 能 失 去 你
ぶ ぐぅあん にぃ ざい な り
不 管 你 在 哪 裡
うぉ い でぃん ほぇい ざぉ だぉ にぃ
我 一 定 會 找 到 你

(ジェリー)
よう い てぃえん ほぇい よう い てぃえん
有 一 天 會 有 一 天
よん りょう しん ゆぃ じぇん じん し いぇん
用 流 星 雨 見 證 誓 言

(ヴィック)
にぃ じゃん ほぇい ふぁ しぇん よん ゆぇん
你 將 會 發 現 永 遠
びん ぶ よん ゆぇん
並 不 永 遠

(ヴァネス)
じょ すぁん ちゅぇん し じぇ どぅお やぉ ば にぃ ふぉ でぃん
就 算 全 世 界 都 要 把 你 否 定
いぇ ぶ なん らん うぉ ふぁん ち にぃ
也 不 能 讓 我 放 棄 你

(ケン&ヴァネス)
じょ すぁん うぉ めん だ ぐぉ ちゅ どぅお めい よ ら じぇん みん
就 算 我 們 的 過 去 都 沒 有 了 證 明
うぉ い らん しょう ふ にぃ
我 依 然 守 護 你

(F4)
Oh Baby Baby Baby  My Baby Baby
うぉ じゅえ ぶ なん しゅ ちゅ にぃ
我 絶 不 能 失 去 你
にぃ しょう しん にぃ しぇん いん
你 手 心 你 聲 音
はい じぇん りん うぉ だ しん
還 佔 領 我 的 心
づん なん うぁん じ
怎 能 忘 記
しゃん に じょ しゃん し ふ し
想 你 就 像 是 呼 吸

Oh Baby Baby Baby  My Baby Baby
うぉ じゅえ ぶ なん しゅ ちゅ にぃ
我 絶 不 能 失 去 你
ぶ ぐぅあん にぃ ざい な り
不 管 你 在 哪 裡
うぉ い でぃん ほぇい ざぉ だぉ にぃ
我 一 定 會 找 到 你

(F4)
Oh Baby Baby Baby  My Baby Baby
うぉ じゅえ ぶ なん しゅ ちゅ にぃ
我 絶 不 能 失 去 你
にぃ しょう しん にぃ しぇん いん
你 手 心 你 聲 音
はい じぇん りん うぉ だ しん
還 佔 領 我 的 心
づん なん うぁん じ
怎 能 忘 記
しゃん に じょ しゃん し ふ し
想 你 就 像 是 呼 吸

Oh Baby Baby Baby  My Baby Baby
うぉ じゅえ ぶ なん しゅ ちゅ にぃ
我 絶 不 能 失 去 你
ぶ ぐぅあん にぃ ざい な り
不 管 你 在 哪 裡
(ヴァネス)
うぉ い でぃん ほぇい ざぉ だぉ にぃ
我 一 定 會 找 到 你

 

 

 

本日も歌詞です。一緒にベイベーです。

他のとこも歌えればさらに嬉し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

ご臨終です。

本日、カブトムシくんがお亡くなりになりました。

081012_195802

カブトムシとしては長生きな方でしょう。もう秋だし。

でも、F4コンサが終わるまで生きてて欲しかったなぁ。

「ただいま」「いってきます」をいう相手が一人?(一匹)減りました。

悲しいよりも、ちょっと淋しい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流星雨

(ヴィック)
うぇん ろう だ しん くぉん
温 柔 的 星 空
いん がい らん にぃ がん どぅおん
應 該 讓 你 感 動
うぉ ざい にぃ しぇん ほう
我 在 你 身 後
うぇい にぃ ぶ じぃ い ぴぃえん てぃえん くぉん
爲 你 佈 置 一 片 天 空

(ジェリー)
ぶ しぇい に なん ぐぅお
不 誰  你  難  過
てぃ に ばい ぴぇん じ も
替  你  擺  平  寂  莫
もん しゃん だ じょん りゃん
夢 想 的 重 量
ちゅえん ぶ どぅお じゃ げい うぉ
全 部 都 交 給 我

(ヴァネス)
ちぇ に しょう
牽 你 手
げん じゅ うぉ ぞう
跟 著 我 走
ふぉん ざい だ やぉ づん やん
風 再 大 又 怎 樣
にぃ よう ろ うぉ
你 有 了 我
ざい いぇい ぶ ほぇい み る ふぁん しゃん
再 也 不 會 迷 路 方 向

(4人)
ぺい にぃ ちゅ かん りょう しん ゆ るぉ ざい づ でぃ ちょう しゃん
陪 你 去 看 流 星 雨 落 在 這 地 球 上 
らん に だ れい るぉ ざい うぉ じぇん ばん
讓 你 的 涙 落 在 我 肩 膀
やお に しゃん しん うぉ だ あい づ くん うぇい に よん がん
要 你 相 信 我 的 愛 只 肯 為 你 勇 敢
にぃ ほぇい かん じぇん しん ふぅ だ すぉ ざい
你 會 看 見 幸 福 的 所 在

(ジェリー)
しゃん がん るぉ だい どぅお
傷 感 若 太 多
しん ぢぉ げい うぉ ばぉ ふ
心 丟 給 我 保 護
ぴ じゅえん だ いぇん ほ
疲 倦 的 煙 火
うぉ ほぇい てぃ にぃ どぅお がん ぞう
我 會 替 你 都 趕 走

(ヴィック)
つぁん りゃん だ いぇん ゆ
燦 爛 的 言 語
じゅ なん でぃえん じゅぇい がん ちん
只 能 點 綴 感 情
る ご うぉ ちぇん も
如 果 我 沈 默
いん うぇい うぉ じぇん だ あい にぃ
因 為 我 真 的 愛 你

(ケン)
ちぇ にぃ しょう
牽 你 手
げん じゅ うぉ ぞう
跟 著 我 走
ふぉん ざい だ やぉ づん やん
風 再 大 又 怎 樣
にぃ よう ろ うぉ
你 有 了 我
ざい いぇい ぶ ほぇい み る ふぁん しゃん
再 也 不 會 迷 路 方 向 

(4人)
ぺい にぃ ちゅ かん りょう しん ゆ るぉ ざい づ でぃ ちょう しゃん
陪 你 去 看 流 星 雨 落 在 這 地 球 上 
らん にぃ だ れい るぉ ざい うぉ じぇん ばん
讓 你 的 涙 落 在 我 肩 膀
やお にぃ しゃん しん うぉ だ あい づ くん うぇい に よん がん
要 你 相 信 我 的 愛 只 肯 為 你 勇 敢
にぃ ほぇい かん じぇん しん ふ だ すぉ ざい
你 會 看 見 幸 福 的 所 在

(4人)
ゆ は ゆん じぇん じぇん すぁん かい
雨 和 雲 漸 漸 散 開 
すぁ しゃ い ぴぇん うぇん ぬぁん
灑 下 一 片 温 暖
うぉ やお ふぇん しぁん にぃ いぇん じょん だ れい ぐぁん
我 要 分 享 你 眼 中 的 涙 光

ぺい にぃ ちゅ かん りょう しん ゆ るぉ ざい づ でぃ ちょう しゃん
陪 你 去 看 流 星 雨 落 在 這 地 球 上 
らん にぃ だ れい るぉ ざい うぉ じぇん ばん
讓 你 的 涙 落 在 我 肩 膀
やお にぃ しゃん しん うぉ だ あい づ くん うぇい に よん がん
要 你 相 信 我 的 愛 只 肯 為 你 勇 敢
にぃ ほぇい かん じぇん しん ふ だ すぉ ざい
你 會 看 見 幸 福 的 所 在

【繰り返し】
(ヴァネス)
にぃ ほぇい かん じぇん しん ふ だ すぉ ざい
你 會 看 見 幸 福 的 所 在

 

アンコールの曲です。

まぁ、あちこちで日本語ルビ付の歌詞が出てるので知らない人はいないと思いますが・・・

自分の耳で聞いてつけたので歌詞カードについてる読み方とは少しちゃうと思います。

さらに以前にも書きましたがワードで歌詞を作るときにピンインではなく

注音符号で入力&ルビを付けてまして、そのままブログで使えないので

ひら仮名で読み方つけてます。とりあえずコンサでお役に立てばなにより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

更新だらけ

F4メンバーはいったん台湾へ帰って休息されているそうです。

ついでに日本観光なんて余裕はないですよね。

とりあえず、おうち帰ってゆっくり休んで、それぞれに怪我を直して戻ってきてね。

大阪公演だから関空から来るのかな?

じゃぁ、私の会社の横は・・・通り過ぎないか、車で高速を移動よねきっと・・・

 

さて、メンバーがいなくなった途端にF4関係各HPが更新更新。

まず【I・KEN】のビデオがまたまた更新。

GEISAIに戻ってます。綿あめなめてる孝天さん。。。うれしそう(笑)

ちゃんとお財布から自分でお金払ってるとこがらしくて笑えます。

 

そして「V.I.C」がお堅い会社からカジュアルな会社へ変わってます。

どうした???猿キャラ全面押しかい??

私はメンバーではないので中がどれだけ変わったのかわかりませんが

なんだかとってもかわいいできあがりになってるような・・・

TOPのヴィックの肩に乗ってる「ちびヴィック」が

どうも「貧窮貴公子」の貧乏神さんに見えてしょうがない私です。

 

ヴァネちゃん個人ブログ「Van Ness Wu - alive not dead」

JAPAN CONCERTの写真が2点ほど上がっています。

ジェリーとの2ショット。

武道館以降、私の頭は「Do it!」がエンドレス。

ほかにも思い返すとヴァネちゃんの歌が流れます。

堕ちたか私・・・あのタイプの曲は大の苦手だったはずなのに・・・

   

そしてモバイル「AZIO STAR」も全面リニューアル。

こちらはスタイリッシュ?になってます。

プロフィールの写真なども割と最近のものになってます。といっても1年前くらい?

カレンダーがダウンロードできるようになって早速使用中。

携帯開けるたびにとろけます。

そしてデコメもダウンロードできるようになってますよ。

一向に更新されなかった下にいた方々はどっかに行ってしまって

ヴァネちゃん、ヴィック、孝天さんがメイン。

他はレイニーちゃんだけが残ってます。花園関係者オンリー(笑)

 

さて、わたし、さすがに強行東京ツアーはこたえたらしく、ちょっと全身に痛みが・・・

右手は右肩は間違いなく、うちわの振りすぎ( ̄◆ ̄;)

武道館の感想も書いておりますが、それも進めない状態に・・・

なぜか思い返すたびに孝天さんの登場が減っている。おかしい・・・一番良く見てたはずなのに・・・

&中国語の通信教育の締め切りが目の前に迫ってます。

なもんで2~3日勉強と体力戻すのに専念いたします。

とか言いつつ、新しい記事があればすぐに出てくるのでしょうが・・・

17日からの大阪に備えてスーと一緒に小休憩。

 

タイマーであがる記事をちょっとだけセットしておきます。

コンサートのお役に立てれば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

帰って早々

【I・KEN】に立ち寄ると武道館後のビデオがアップされてました。

まだ日本語訳ついてないので言ってることがほんの少ししかわかりません(゚ー゚;

なので顔をじっと見てわかる単語はないかいな?と繰り返して見ていると気になることが。

目の下の大きいクマさん2匹は見たらすぐにわかったのですが

ほっぺのぽっこりが減ってる???

思わずファンミーティングのオトコマエから順番に流してしまいました。

う~ん、横浜からでもけっこう減ってるような。。。

すごくがんばってるのね(ノ_-。)

ステージから落っこちて肩も痛いでしょうに、痛み止めを飲んでがんばったとか。

ごめんなさい、英語で怪我をしたと説明してくれてたのにわかったのは

「みんなに安全にと言ってるのにごめんね・・・」まででしたsweat02

肝心なとこが・・・英語もやりなおしやわぁ。。

大阪まで10日あるし、安静にして肩の痛みがとれるといいですね。

 

武道館でみた4人は横浜より少しほっそりしていたような気がしたけど

あれだけハードな舞台を毎日してたらそりゃ痩せるわなぁ。

間にリハーサルもしてるし、ほんとに休む間もない状態だったのでしょう。

そのがんばった分は幸せな気持ちになって心に残ってますよぉ~。

一人除いて、それ以上やせ過ぎないでね。

そして休みの間に食べ過ぎてリバウンドはなしよっ!

しばらくのお休みの間も幸せな気持ちを抱いて

さらに充実した舞台を楽しみにして

在這裡等イ尓イ門!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

みんな夜行バスで

帰るみたいです。もしかしてす〜迷比率むちゃ高い?同じエコバッグを持つ人、かばんからうちわの柄がのぞいてる人がちらほら(笑)
みなさま、お疲れ様でした。Have a safe to home & good night!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京終わり

東京終わり
そして夜行バス待つ間に一人打ち上げ中。
武道館はとても楽しい、温かいコンサートでした。満足o(^-^)oこのままバスに乗って眠れたら最高!今日の孝天さんはメンバー紹介で眼鏡で登場。売れてないから宣伝?とか思うのは気のせいよね(笑)本人は似合ってましたよ、かしこに見えました(爆)
そして、着いたその足で仕事です。コンサート用の服だけど、今日は踊りまくって汗くさいかもしんないけど気にしな〜い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふたたびの武道館

ふたたびの武道館
ふたたびの武道館
そしてまた武道館です。さっきまでリハーサルをしていたみたいで音が聞こえてきました。
チケット無事に売れました。一度見てしまうとつい二度目も、そしてもっといい席でと思ってしまうのでしょうね。空席あけずに済んでホッ(^。^;)
売れたので武道館の喫茶店で昼ごはん。荷物をコインロッカーに預け損ねたので重い荷物を抱えて歩かなくて済んでホッ。店の方には悪いけど開場近くまで粘ります。カフェテラス「武道」のミックスサンド美味しゅうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一夜明けて

一夜明けて
一夜明けて
ホテルの映画に「インファイナル・アフェア」でしたっけ?ちょっとだけとつけたらが最後。見切ってしまい若干、寝不足です…
ただいま、泊まった日本橋界隈を散策中。古い建物が多くて見て歩くだけで楽しいo(^-^)o写真はお札の発行元。日本銀行です。
用事で立ち寄った三井住友銀行のATMが大理石の壁にはさまってたり、柱も天井も大理石。三越のトイレがまるでホテルのバスルームの風呂なしみたいだったり、大きな仏像に見とれたりとお上りさん丸出しでウロウロ。(根性なしでそこの写真はよう撮りませんでした)格とか老舗の重みというのが迫ってきますね。ちょっぴり背筋が伸びました。
で、その伸びた背筋をさらに伸ばすためマッサージに行ってきます。うちわ振りすぎ、立ちすぎであちこちパンパン。寄る年波には…ケホッ(^。^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅い晩ごはんを食べながら

BS2で東京ジャズフェスティバルが流れています。さっきまではジャズピアノとタップのコラボでした。コンサートのタップが思い出されます。
今更ながらですが、同じ東京にいるのだなぁとしみじみ。もしかして同じ番組見てるかなぁとか…。早起きさんだからもう寝てるか…
とか、思いつつ遅い晩ごはんを食べてます。遅すぎ(-.-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

いろんなことが

いろんなことが
パンフレットの交換を言いに言ったらそのままお詫びでお買い物させて頂けました。ラッキー(^_^)v明日はチケットさばきに専念できます。
今日のステージはトラブルがありましたが、それを取り返して余る4人のがんばりで素晴らしいものになりました。
後輩ちゃんのチケットも差し上げようかと思っていたら、なんとか売れました。韓好きの年配の方がお友達に薦められて余っていたらと立ち寄られたとのこと。お金が少ないからと代わりにおまんじゅうにジュース、明日も頑張ってと栄養ドリンクまで頂いてしまいました。始まったら私よりずぅーっと楽しんで踊って声出して応援しておられましたよ。つられて私も大声出して応援できました。すっかりヴァネちゃんにハマって帰られました( ̄∀ ̄)
今日はいい出会いのあったコンサートでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

武道館っす

武道館っす
すでにグッズ売場はえらいことになってます。今日は完全にあきらめて、また明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京でもやっぱり

空港でカレー探してフラフラ。食べ終わって気づきました。
ホテルの地図と東京の路線図持ってくるの忘れた(-"-;)慌てて本屋探して地図買ってたらこんな時間。
ホテルへもなかなかたどり着かないはず。
武道館にはいつ着くのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ出没の話

羽田空港に着きました。航空会社が違うのでまったく別の雰囲気ですね。漂うカレーの香りに誘惑されてますf^_^;
週刊女性にF4撮りおろしフォトです。ちょっとしかありませんが、4人の魅力がバッチリ写し出されてます…フェロモンが…
明日はフジテレビ「得だね」で特集。出る直前に予約しました。18日は大阪で朝日放送の「スマステーション」に出る予定とか。やっとこさ電波に乗るのですね。もう少し電波サーフィンしてほしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして武道館!

「武道館」というだけでワクワクします。

孝天さん憧れのビートルズがコンサート会場としての命を吹き込んだ武道館。

日本中のアーティストが一度はここでコンサートをと願う武道館です。

そして武術をしてる人にとっても大切な場所である武道館は

ちょうど今の孝天さんにふさわしい場所なのかもしれませんね。

 

武道館は例え豆粒でも楽しめるはず。

そしてあの巨大ステージならきっと豆粒ではないはず。

無事に、何事もなく、(道に迷っても)会場につけますように。。。

そして心から楽しめますように。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

F4 JAPAN TOUR 2008(横浜)などなど

I・KENでビデオギャラリー更新されてます。

私が見た「え?まさかの刈上げ?」な髪型でご登場。

なぜに無理に2:8に分けるかな?

と言いつつ8の髪がほつれる姿が素敵やったわぁと

脳内反芻を繰り返す状態でございます。

 

今日の中華新聞で記事が上がってましたね。

あちこちのブログで紹介されてますし、そのうち日本語訳の記事もでると思います。

ステージ写真とか載せようかどうか迷っていたのですが

大阪だけの参加の方でまっさらのまま見たい方もいらっしゃるでしょうから載せませんね。

見たい方はこちらへどうぞ。ENT.QQ.COM

 

さてさて、横浜の感想ですが、その前に工作(仕事ではない)のお話から。

横浜ではうちわ振るのに必死で♪(o ̄∇ ̄)/他のものは何も使わず。

だったらということでI・KENの光るうちわにちょっとした小細工ぶっこきました。

まだ乾いてなくて仮留め状態ですが・・・

081006_005301頼まれ物の工作に使った板紙残りをまんま使用(笑)

後はおうちにあった水彩えんぴつと天旗で使った蓄光塗料でペイント。

蓄光塗料を塗ってもコンサート会場はけっこう明るいので

まったくの役立たずですが、ま、気持ちだけ。。

相変わらずの下手塗りで暗くなるとまだらで光ります( ̄◆ ̄;)

 

081006_005101 暗くしてスイッチを押すとこんな感じ。

微妙・・・・

一応、「天」って見えますか?

武道館でこんな小細工したうちわ振ってるのがいてたら私です(笑)

  

さ、横浜の感想です。とりあえず感じたままに書いてます。

興奮しすぎで細かく覚えてません。GEISAIふたたび状態です(笑)

具体的な曲や構成内容は書かないようにしましたが、

どうしても触れておきたいネタもあるのでトップから隠しますね。

(携帯の人は見えるかもしれません、ごめんなさい)

続きを読む "F4 JAPAN TOUR 2008(横浜)などなど"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

あら、うんがらみ。

ココログガイドを見て期待して来られた方。

このブログ、基本は台湾のアイドルグループF4の話題が中心です。

他にも興味あるもんやら日々の話を取り上げもしますが・・・

 

いきなりアクセス数が100倍近くになっていたので何が起こったのかと( Д) ゚ ゚

ココログのガイドに載っていたのですね。

しかも「今謎解きにはまってます」って勝手に言われても・・・

あの日の話は忙しくて謎解きできないって内容だったのに。

ごめんなさいねぇ。

「安楽椅子探偵」の話はこの続きがあるかどうかはわかりません。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家に着いて

グッズ祭り開催中。

081004_225601

結局、時間ギリギリまで並んで買い込んだけど

最後の方だったので売り切れ続出。

特に各FCグッズのお手ごろ価格のものは切れまくりでした。

VICとジェリーはうちわも切れてたし。

オフィシャルもペンライトが売り切れになっていて

代わりにクッキー缶買いました(爆)

会場で実際にペンライトを見ると

うちわあったらペンライトはいいかなぁと思うのでやっぱり買わないことに。

 

パンフレット。いいです。

写真がすごくいい。

インタビュー内容も「そうそう、それ聞いて欲しいの」って話でした。

内容は満足。

※ご注意

買って帰ったら絶対に中を開けて確認しましょう。

私のパンフレットは折り傷あり、印刷汚れ有りの不良品でした。

何万冊も作ってるから絶対にあります!!

すぐに見てわかるものでなければ、全部中を開けて確認しないですしね。

買ったら保存用でも必ず開けて確認を。(売買目的なら価値が下がるかもしれませんが・・・)

不良品の場合は返品や交換を受け付けてもらえるとの説明がありましたので

武道館で交換してもらおうと思います。

ふと疑問。

コンサート終わった後にわかったらどこに問い合わせればいいんでしょうね?

それは聞かなかったわ。覚えていたら聞いとこう。

 

ところで、誰かさんは確か以前に

コンサートでは「僕自身がデザインしたものをリーズナブル価格で出す」

たら言ってましたよね。

081004_132601

ケンデザイン眼鏡フレーム(右上)

あのぉ・・・全部1万円超えてますけど・・・

しかもレンズは自分で買えと・・・

どこがリーズナブルじゃーーー!?

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

眼鏡好きなのね。うちわも眼鏡と言うかサングラス着用だし。。

それはわかった。。

きとこだわって素材も選んだのでしょう。。

そういう意味ではリーズナブルかもしれない・・・

でも、試さないとわからんもんをグッズで出すなぁーーー

万を超えるものは先にどっかで言っておいてくれーーー

そんな予算、最初から組んでないので手元にお金がないっ!

ヴァネちゃんみたいにピンバッヂとかでよかったのにぃ~

グッズに関しては逆ミラクル・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。。

 

天旗は、結局まったく使いませんでした。

なので、うちわをちょこっと改良しようかなと・・・

せっかく光るんやし。とりあえず・・・チャレンジです。ふふふ。

 

コンサ見てテンプレート変更。

どうもあんな薔薇を飛ばしたキラキラ感ではなく

こっちの方があいそうな感じだったので・・・

コンサの感想は、また後日。(武道館終わりになるかもです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

打ち上げ

打ち上げ
新幹線で一人打ち上げ。お疲れ様でしたo(^-^)o
おみくじクッキーの中身は「もうひとがんばり!今が絶好調のとき」たしかに今のところツイてます。席も予定もうまいこと回ってきてます。
そして裏には「結婚はしばらくおあずけにしたほうがよい」言われなくても予定なし(-.-;)永遠にお預けくらうかも
以上、横浜コンサート旅行記でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

終わりました

終わりました
夢のようなひとときでした(T^T)
裏切らない男はなんじゃそりゃ?くらいのミラクル〜
ゲイサイに居たのは歳の近いオジサンですか?

帰りの新幹線は、頭の中で一人コンサートです(-.-;)
目一杯ありすぎて今は何がなんだか…最後のメッセージで泣けました(ToT)
とりあえず空腹限界なのでラーメン食べてから駅に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着きました。

着きました。
着きました。
先行グッズ販売は終わってました(^_^;)後は入場してからだそうですが、買えそうな気配なし。すでに長蛇の列です(-.-;)
んな訳で、横の階段に座って腹ごしらえです。ん〜、開演までもつやろか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり迷う

電車が乗り継ぎがぁ〜。検索サイトの嘘つきっ(>_<)
調べた電車が来なくて、何に乗れば横浜に早く着くの?状態に…とりあえず目の前に来た特急に飛び乗り、乗ってから確認(^_^;)どうやら着くようです。って今、横を快速が通りすぎましたけど…。連結するのね…抜かれたかと思った(-.-;)
毎回毎回、目的地にたどり着くの苦手。一発で着いたことなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空港にて

空港にて
朝、起こしてもらったにもかかわらず、バスに乗り損ねてタクシーで空港へ。交通費節約の意味なし(笑)で、無事に今、羽田です。
タクシーの運転手さんが飛ばしてくれたおかげで大阪空港で余裕があったので、余裕ついでに「豆狸」のお稲荷さん購入。今日のお昼になりそうです(^w^)
さぁ、横浜へ!乗り継ぎを間違えないようにしないとねo(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふくらむ、ふくらむ、風船のように。

今日、横浜に行かれた方からメールいただきました。

 

ミラクルだと・・・

 

詳しいことはお楽しみということでしたが

やっと噂のミラクルが目の前に現れるのですね(* ̄ー ̄*)

期待増大!

 

heart01追記heart01

期待度にあわせてキラキラ感あふれるテンプレートに変更(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あぁ、安楽椅子探偵

本日、出題編です。

有栖川有栖と綾辻行人からの挑戦状。

毎回、欠かさず見てます。

そして、毎回必ず死ぬほどリピッて犯人捜してました。

エレガントな答えに辿り着いたことはありませんが・・・。

 

今年は・・・無理です。

最後までみることなんて無理ですねんってば

明日はコンサなのに・・・

早寝早起きの日なのに・・・・

今、すっかりはまって見てます( ̄Д ̄;;

今日は清原のスペシャル番組にも萌えたし・・・

こんな記念すべき日なのに、関係ないものばかりに目が行く・・・

 

さぁ、明日帰ってから録画してるものを見返す気持ちが残ってるのか・・・

頭の中にheartの花咲かせてるかもしれないしねぇcherryblossomheartcherryblossomshineheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

とうとう。

F4コンサートまで残り

 

 

 

コンサートのHPのトップに出ました。

どう出るのかなぁと思ってのぞきにいったら

「0日」・・・微妙だ。

「開始」とか「始動」とか出ないのね(笑)

 

そして私は、心配していた横浜のチケットが無事届き

(売って頂いた方、どなたか存じませんがありがとう)

行きの飛行機の予約も取れ、

 

横浜参戦決定!!!(* ̄0 ̄)ノ

 

全会場制覇\(;゚∇゚)/

 

ドアホ確定!!! V( ̄▽ ̄)

 

後はうちわをどう隠すかとタガが外れてしこたま買い込むかもしれないグッズ袋の準備。

(Getting Realのエコバッグの大きさが大変Niceでございます。デカすぎて日々の買い物バッグにはまったく役立ちませんが、こういうときにはちょうど良し!狙い??)

 

仕事の引継ぎも一気に量が増え、

前任者が10日間かけてしていたことを2日間で覚えて

締め切りがあるので明日1日で終わらせないといけない状態。

覚えてるのか?明日で終わるのか?(どうせ横浜で白紙になってしまうんやろうけど)

終わらないと休めないので、必死こいてがんばります。

なんせ

 

一生に一度のことですから!

 

明日から始まる4人との合コンじゃなくてデート。

子供の遠足のように、もうすでに興奮して眠れない。。。

とっても楽しく過ごせるとええなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

いよいよ

081002_021001_2

です。

う~、ワクワクする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

自己満足

一人でせこせこ、頼まれ物を作成中。

思った以上に楽しいできあがりになっていて会心会心!

完全に自己満足の世界に浸ってます。

 

これが終わったら応援グッズにも取り掛かろうかしら?

ま、これは余裕があればということで。。

東京のホテルで縫い物してるかもね(笑)

 

昔は自分で手作りなんて大嫌いだったのに

今はどうやら・・・こういうこと好きらしい。。。

そういや昔、知り合いのバーのポスターやらチラシやらも作ってたなぁ。

パソコンというツールができて、自分の好みが広がってる気がする。

使いこなすレベルには到底到達できないけれど

単なる自己満足ですが・・・楽しいぞ!( ^ω^ )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »