« 何を買うべきか・・・ | トップページ | 張り切ってみたもんの »

2010年10月 2日 (土)

おや、ビックリ!!

孝天さんの微博を開けたら目に飛び込んできた阿修羅像。

見慣れた憂いを含んだ斜め顔が

どどーんと阿修羅の正面の顔に変身。

 

どうした?

拗ねたか?

ふんだ、どうせ天じゃないよ。阿修羅だよって?

 

阿修羅とはWikipediaより

古代ペルシアの聖典『アヴェスター』に出る最高神アフラ・マズダーに対応するといわれる(以下、歴史的背景の項を参照)。それが古代インドの魔神アスラとなり、のちに仏教に取り入れられた。古くインドでは生命生気の善神であった。天の隣国だが天ではなく、男の顔立ちは端正ではない。醸酒にも失敗し、果報が尽きて忉利天にも住めないといわれる。

本来サンスクリットで「asu」が「命」、「ra」が「与える」という意味で善神だったとされるが、「a」が否定の接頭語となり、「sura」が「天」を意味することから、非天、非類などと訳され、帝釈天の台頭に伴いヒンドゥー教で悪者としてのイメージが定着し、地位を格下げされたと考えられている。また、中国においても「阿」の文字は蔑称の意味合いを持つため「修羅」と表記されることもあった。帝釈天とよく戦闘した神である。『リグ・ヴェーダ』では最勝なる性愛の義に使用されたが、中古以来、恐るべき鬼神として認められるようになった。

仏教に取り込まれた際には仏法の守護者として八部衆に入れられた。なお五趣説では認めないが、六道説では、常に闘う心を持ち、その精神的な境涯・状態の者が住む世界、あるいはその精神境涯とされる。

興福寺宝物殿の解説では、「阿修羅」はインドヒンドゥーの『太陽神』もしくは『火の神』と表記している。 帝釈天と戦争をするが、常に負ける存在。この戦いの場を修羅場(しゅらば)と呼ぶ。

姿は、三面六臂(三つの顔に六つの腕)で描かれることが多い。

その他詳しくはこちら⇒★阿修羅 

 

ここんとこ争い疲れて日も暮れて

黒でもなく白でもない灰色の世界を漂ってるとか言っていたのに当てはまることもあり

古い時代には最高神であったのに、今では悪鬼のように言われてるだとか

正義の神様であったとかとか。。。

なんだかこの写真一枚で言いたいことがいろいろあるような気がするのは

深読みのしすぎでしょうか??

何しろ何事も細部までとことんこだわる人ですから

きっと由来から何から調べ上げて(というか昔から知ってて)

なんとなく今の自分は「これ」って思ったんだろうなぁって感じたのかなと

そう思えて仕方がないのです。 

 

で、使ってるこの写真。

Asyura_2  

日本人はほぼ一発で「阿修羅」とわかる見慣れた

興福寺の阿修羅像in奈良

ちょっと前に阿修羅ブームもありましたし、教科書にも載ってましたっけね??

興福寺HPのトップももちろん、この阿修羅像⇒★興福寺

日本ではおなじみの顔です。

 

でも、一体、大陸のどれだけの人がこれを阿修羅だとわかったんだろう?

今のとこ「なぜ阿修羅?」と指摘していたのは一人だけ。

伝わってないかもしれないと思うとなお悲しい~。

 

 

余談ですが・・

興福寺のお知らせに心くすぐる一言が・・・・

「阿修羅ファンクラブ」トピックス更新(爆)

案内を見るとトップページのバナーを押してねってことだったので見てみたら

会長:みうらじゅんを左に

ミスター阿修羅:高見沢俊彦を右に従えた

阿修羅さま・・・・

天さん、ファンクラブ入ってみる?⇒★阿修羅ファンクラブ

(・・・と思ったが随時募集はしていないようです、残念。)

それとも1300年祭中の奈良にご対面に来てみる??

仏像山盛り見て癒されてみる??

案外・・・ほんまにおったりして(^^;)

|

« 何を買うべきか・・・ | トップページ | 張り切ってみたもんの »

コメント

自ら、仏教徒と公言されるくらいですから、もちろん、詳細な検索、勉強はお済かと…
当然、日本の「阿修羅展」なぞは、完全にチェック済みで、そんなの、以前の長期滞在中に、探索済みなのでは…

ま、ウンチク大王様としては、このくらい語ってやらないと、わからんヤツばかりが、フォローしてる!って
お怒りモード?
ハルちゃんのような、同好の士と語るのが、一番の娯楽なんでしょうね~~(爆)

ちなみに、一番のハルちゃん迷の人、いわく、話しを聞いてない点は、誰か、そっくりみたいです。

投稿: 渡り鳥 | 2010年10月 2日 (土) 11時25分

渡り鳥さん ふたたび~お越しやす。
 
そうですよねぇ。空で般若心経唱えられるくらいですから。
なんなら大日如来から下のとこまで全部解釈垂れてくれるかもしれませんね。
阿修羅展に出没しててもなんら不思議がありません。
 
で、似たものは似た者同士・・・話聞き流して会話してもらいましょう。。
なんて言いつつ、ちゃっかり覚えてるんですよ、そんな人達。。

投稿: ゆうちゃ | 2010年10月 2日 (土) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1015396/37032659

この記事へのトラックバック一覧です: おや、ビックリ!!:

« 何を買うべきか・・・ | トップページ | 張り切ってみたもんの »