« KEN CHU 2012CONCERT WONDERFUL SUMMER in OSAKA | トップページ | コンサの余韻でお知らせ3連発 »

2012年8月19日 (日)

帰り道

東京公演終えて帰りの新幹線です。

東京のオトコマエは大阪ですっかりリラックマになったせいか、ダダ漏れてました。
ズルいよ、ここで漏れるのか。
きっと夜はもっとリラックスして、もっと漏れてることでしょう。
いや、それまどうだか?
毎回、予測を裏切る孝天さんです。
だから、ファン止められないのよね。

レポは落ち着いてから書きます。
さすがに明日は仕事なので徹夜はもう無理。

大阪公演のあと、お付き合い頂いたチョコラさん。
東京公演の前後、お付き合い頂いた渡り鳥さん、亜季さん。

そして、朱孝天さん。

楽しい時間をありがとうございました。
また、お会いしましょう!

|

« KEN CHU 2012CONCERT WONDERFUL SUMMER in OSAKA | トップページ | コンサの余韻でお知らせ3連発 »

コメント

東京の昼の部・夜の部行きました。

夜の部の方がダダ漏れ増量でしたっ。
声も昼の部より高音は伸びるし、低音の囁くような歌声が色っぽかったです。

夜の部だけ付き合ってくれた友人は、「色っぽいねぇ。いい声だね」と誉めてくれました。

投稿: hien | 2012年8月19日 (日) 23時18分

お疲れ様でした!
夜はダダ漏れ・・・爽やか青年?そんなの、どこに行ったの?・・・状態で、体が温まったせいか、声も昼よりずっと出ていました。

夜は肩の力の抜けた、大人の男になってしまい、ある意味、早退して良かったかも?
(見たら、帰るのは厳しい~!語らないと夜が明けない!・・・かったかも?)

無自覚でこんなに変化するから、始末に負えないのです。久しぶりに、華流迷であることを実感しました。

投稿: 渡り鳥 | 2012年8月19日 (日) 23時33分

hienさん いらっしゃいませ~
らしいですね、ダダ漏れ情報帰りに新幹線の中で聞きました。
小出しにするのか、もったいないぞと・・・
そのまま友達ひっぱりこんじゃいましょう!
 

 
渡り鳥さん 今日はありがとうございました。
いやぁ、楽しかったですね。
ダダ漏れ、ダダ漏れ。
見たかった。あぁでも危険すぎ?
また自分で動画出してくれませんかね?(笑)
華流迷・・のんびりと楽しいですね。

投稿: ゆうちゃ | 2012年8月20日 (月) 00時51分

う、うお~~~~ん。(泣)
ゆうちゃさんの「悲しい知らせ」意味がやっとわかった~。
(遅くてすみませーーん)
そっか、回を追うごとに爽やか仮面が
ボロボロはげてったのですね、、、。
で、中からダダ漏れて、、、
東京夜の部はダダダダ漏れと、、、。(嗚咽)
私が見たパンフからまんま抜けでてきた爽やか青年は一体何だったのだ。


あ、そうそう!
うちわ使って頂いてありがとうございます♪
そして、こちらこそ楽しい夜を過ごさせて頂きました~。
またよろしく~~。

投稿: チョコラ | 2012年8月20日 (月) 10時25分

チョコラさん いらっしゃいませ~
わかりました?
あの私たちが見たかったダダ漏れは東京の夜だったそうですよ。私も見てない(T-T)
爽やか青年は緊張すると出るみたいですね。
あ、言い忘れ。
東京は・・・軽く・・・「無精髭あり」でした!ダダ漏れ倍増。。。
 
次回、今度こそダダ漏れ!を楽しみに待ちましょう。
その時はまたよろしくお願いします(^^)

投稿: ゆうちゃ | 2012年8月20日 (月) 21時08分

ゆうちゃさん、今回も大阪鮨花ありがとうございました。そして楽しい時間と美味しいお酒!

そうです、今度こそダダダダダ~っと垂れ流される何かを一緒に感じましょうね。
本当に恐ろしい男です、奴は♪

投稿: 亜季 | 2012年8月20日 (月) 23時02分

亜季さん いらっしゃいませ~
東京鮨花もお疲れ様でした。
AZIOさんに思いっきりつぶやかれてましたね。わかってもらえてよかったですね。

オトコマエをあてに、また楽しい時間とおいしいお酒いただきましょう!
次こそダダ漏れ!

投稿: ゆうちゃ | 2012年8月20日 (月) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1015396/46753203

この記事へのトラックバック一覧です: 帰り道:

« KEN CHU 2012CONCERT WONDERFUL SUMMER in OSAKA | トップページ | コンサの余韻でお知らせ3連発 »