« 生日快樂!!周渝民! | トップページ | 「夢の向こう側」チャリティーオークション »

2013年6月12日 (水)

行ったよ

遅くなりました。

「夢の向こう側~Road Less Traveled」の初日映画上映と舞台挨拶。

いや、実はもう数日前にレポ書いたんです。

で、保存した瞬間に回線が切れて消えましたモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

すぐにもう一度書くのには・・・かなり精神的ダメージがデカく、この時間。

 

 

まずは映画の感想を。。。

これから見る方もいらっしゃるので表現が抽象的になりますが・・・

 

一言でいうと「青春アイドル映画」です。

なんだか一昔前によく見たジャニ映画みたいな感じ。。

さらに言うと、本筋一本!!!

まどろっこしい伏線とか一切なし(笑)

そこのお話しは膨らませないのね?とかはいっぱいありましたが、

枝葉切り取りまくりの1時間半くらいでした。

ま、感想はいろいろあるかと思いますが、個人的には十分に楽しめました。

えぇ、しっかりちゃんと泣きました(笑)

話しが単純な分だけ、そこにハマれるかハマれないかが勝負の分かれ目だと思います。

大阪来たら・・・たぶん見に行くと思います。ディーンに行くってツイで言っちゃったし。

印象に残ったのは「やっぱりディーンは役者だなぁ」でした(爆)

一人だけ、きちんと演じてるのがわかりましたよ。うまかった。

ヴァネちゃんは、ヴァネちゃんのままでした(笑)

脚本読んで、元々ジミーがするはずだった役を「僕の方が似合うんじゃない?」と言ってブン取った役。

ジミー曰く「そりゃヴァネスに会うよ。一昔前のヴァネスのイメージで描いた役だもん」だそうです。

で、取られたジミーの役は物静かなとっての良い人。

変えて正解だったかも。

エリックも本人の性格とほぼ同じだったので、素直に地が出せた感じみたいです。
(私がエリックの地の性格は良く知らないので感じとしか言えませんが)

ジミーもあんまりしゃべらないイメージがあったので、ほぼ役とイメージが一致してたんですが・・・・

舞台挨拶で、そのイメージひっくり返りましたヾ(*゚A`)ノ

 

 

 

参加した舞台挨拶は2回。

1回目と3回目。

二回とも一言ご挨拶⇒観客からの質疑応答⇒〆のあいさつという流れでした。

もうあんまり覚えていないので、覚えてる範囲で・・・

1回目は入口近くの席での鑑賞。

3回目は、ゆうちゃさんここで運を使うのか?な勢いで、奇跡の整理番号3番~。

さっきと同じ通路前をとるか、ここはお祭り!一番前ではしゃぐか?とさんざん相談した後・・・

せっかくのお祭り、どうせなら一番前に座りましょうよーーーーーってことで一番前をゲト。

 

まずはお一人ずつ挨拶をということで1回目、3回目ともヴァネス、エリック、ジミー、ディーンの順だったかな?ヴァネス&エリックが英語チーム、ジミー&ディンが日本語チームでした。

ヴァネちゃんは「みなさ~ん、こんにちわ」から始まって、この映画を日本で公開できてうれしいみたいな話を簡単にしてました。

ヴァネちゃん、今回ほとんどしゃべっていません。

気の置けない友達が傍にいたせいでしょうか?超リラックス!!

みんな、あんなにリラックスして穏やかな顔は初めて見たと言っておりました。

一人の時も仕事しなきゃモード全開だし、スーでいる時も仕切る側ですからね。

仕切らなくていいと、あんなに穏やかにんるんですね。

ま、あまりにもしゃべってないのでヴァネちゃんだけ見に来た人にはご不満でしょう。。

わたくし、しっかり覚えているのは・・ハリネズミみたいなトゲトゲスタッズだらけの靴・・・

こんな靴あるんや?と感心いたしました。というくらいしゃべってないんです(笑)

あ、もうすぐアルバム出るからよろしくねと言っておりました。たぶん日本の話だと思いますが、台湾の話だったかも?

 

エリックは映画の役柄同様、、みなさんに転がされておりました。

1回目は見るからにガチガチにあがってまして、「大丈夫か?」とひそかに心配してました。

3回目は「まいど」ってご挨拶しておりました。ちょっとほぐれたみたい、その挨拶、誰に習ったんでしょう??

エリックは、1回目にMCのお姉ちゃんから映画でしていた「投げキス」やってとリクエストされてました。

1回目は照れてほとんどちょっとチュって感じだったんですが、

3回目はさらにセクシーにっていう要求のグレードも上がり、

でも知らない人にするのは無理だったんでしょう一番前にいた顔見知りに投げておりました(爆)

えぇ、された方も思いっきり照れておりましたが(^-^;

お隣で聞いてた質問すら忘れました・・でも、かわいかったです。

エリックは本当にいい人で、差し入れ渡すために名前を呼ぶと、必ず振り返ってくれてました(爆)

他の人は素通りだったのにね。ありがとうございました。

 

問題はここからです・・・・日本語チーム・・・

しゃべる、しゃべる、特にジミーが∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

あんなにおしゃべりな人だとは思いませんでしたよ。

日本語が話せる&日本に武術の修行に来ていたことがあるというのは知っていましたが、あんなにべらべらとは思いませんでした。

ジミーはこの映画をどうしても日本で公開したかったそうで、本当に喜んでいました。

その分、テンションもあがりまくりで、おしゃべりがまるで芸人の様(笑)

一言ご挨拶を~と言われて5分くらいしゃべり続け(で、ヴァネちゃんのしゃべりは減る)

質問を受けた状況を説明するのに、狭い舞台の上を右から左へ走り回り、

一人のりツッコミ&日本語わかるディーンを巻き込み漫才状態、。

舞台挨拶は、ほぼジミーの独り舞台でした(爆)

すっかりファンになりました。

えぇ、今でも覚えていますとも「撮影していてヤバいと思った瞬間は?」という質問に

ヴァネスに駆け寄ったディーンが崖から落ちたかと思ったと・・・

で、そのシーンを「やってみると~」と言いつつディーンに再現を手伝わせ、自分も走りまくったジミーさん。

一緒に見ていた迷さんが目の前でMC通さず素で質問した時に、思わすいつも通りに応えてしまっていたジミーさん。

(横で、ここ普段の場じゃないんだからと笑いをこらえるのに大変だったお仲間たち。MCのお姉さまの顔が怖かったです)

今回の収穫はジミーは舞台の上だととってもしゃべる&サービス精神旺盛で途切れないってことでしょうか・・・

(ちなみに、普段のジミーってどうなの?と聞いたら「怖い人」だそうです。。よっぽどうれしかったらしい)

 

今回のわたくしのお目当てディーンさん。

3回目は鼻の穴が見えるくらいのま近でした。

20130601_153848
座ったまま席から撮った写真。右がディーン

毎回「みなさん、こんにちわ~」の挨拶が中国語訛りの外国人風で爆笑でした。

離れてみてても、近くで見てても美人さん。

肌は今回、色はちょっと濃かったですがヴァネちゃんよりキレイでしたよΣ( ̄ロ ̄lll)

ジミーのコントに付き合いつつも、とってもクール!

でも、人の話を聞いてない(爆)

全員に対する質問で何度が「質問なんでしたっけ?」って聞き返す場面が(爆)

えぇ、多分にジミーのコントに付き合ってて、質問内容忘れたんだと思いますが・・・

ディーンはこの映画で初めて作詞作曲をきちんとしたそうで、すごく思い入れのある作品だそうです。

自分がこの作品の一番のファンだと胸を張って言えるんだそうですよ。

で、この作品の中に収められている挿入歌が含まれたアルバムが近々リリースできるそうです。

日本でダウンロードできる「樂之路」のサントラにはディーンの曲はありません。

アルバムのリリース楽しみです。

足かけ5年の集大成。期待してます。

 

メディアの取材記事⇒★シネ・トピックス 、  舞台挨拶の日程

 

ものすごくざっくりとした感想ですが、各地に回ってきたらぜひご覧あれ~。

 

舞台挨拶のメディア情報などは公式HPでどうぞ。⇒★公式HP

|

« 生日快樂!!周渝民! | トップページ | 「夢の向こう側」チャリティーオークション »

コメント

お待ちしてました!感想・・・
やはり、印象はJIMMYでしたね(爆)ちょっとは知ってる我でも、あのテンションには、ビックリ!
嬉しかったんでしょうね(感涙)4人がリラックスして、(一番してたのは、だ~れ?)楽しそうだったので良かったです!
日帰りを無理くりお誘いしたかいがありました!

投稿: 渡り鳥 | 2013年6月12日 (水) 07時56分

渡り鳥さん いらっしゃいませ~
お待たせしました。かなりヘタれておりました(^^;)
やっぱり今回の主役はジミーでしたね。
いや、素敵でした。
あらゆる意味でみんなの心鷲掴みだったことでしょう(爆)
無理して早起きして東京まで行った甲斐がありました。
お誘いありがとうございました。
 
次回は、願わくば、オトコマエで!!!

投稿: ゆうちゃ | 2013年6月12日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1015396/52004692

この記事へのトラックバック一覧です: 行ったよ:

« 生日快樂!!周渝民! | トップページ | 「夢の向こう側」チャリティーオークション »