« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月15日 (土)

へたれてはりますな

ども。

 

相変わらずお片付けがすすまないゆうちゃです。

もはや年内の片付けはあきらめ、気候がよくなったらがんばります。

(ていうか、来週から年末調整に入るので年明けまで休日はぐったりしたいです)

 

で、天さんはぼちぼち微博を更新されとりますが、今回は1年で3人も身近な人を亡くしたとへたれてはります。

そう、家族って意味では結婚していないと人生は足し算じゃなく引き算ですよね。

同じ引き算組としては、その気持ちよくわかります。

しかも3人。。辛いですね。

最後のおばあちゃんは余計にこたえたのでしょう。

そんな時に支えてくれるのは残された親族だったり、友達だったりします。

天さんも親族&お友達は多い方。

きっと支えになってくれますよ。

あとは・・・

Kenp_20141113_08
お寺落ち着きますよね。

ちなみに私は仏壇前が落ち着きます。

ただ、大丈夫だとは思いますがのめり込んで布教されません様に。

たぶんに嫌がられます((((^^;)ねっ、V迷さん。

きっと天さんは大丈夫と信じておりますよ~。

気晴らしが必要なら・・・品川駅裏でラーメン屋はしごしてくださいまし。

北京より絶対に!空気はきれいです!!(あぁ、喘息が心配)

 

さて、私はと言いますと生活ペースが落ち着いてくるとともに体重増加。。

なんでだか母が亡くなってから体重ががっつり増えてしまい、

健康診断前になんとかダイエットを画策中です。

(言いながらものの一週間で挫折して、ただいま酒饅頭ほおばりながら打ってますけど)

普通、肉親をすべて失ったら痩せると思ってたんですが・・・

さすがに毎日22時越えの晩御飯はあきません。

量が変わらなくても新陳代謝も落ちてるので増加は止まりません。

夜の量を減らすべく努力中です。

 

そして、去年から懸念のグリーンズの土!!

そのまま軒先にほったらかしだったのを、ようやく腐葉土入れて、米ぬか入れて、これで来年の夏には使えるでしょう。

来年はまたトマト作りますよ~。買うと高い~。

そして同じくほったらかしだったおととしのトマトのプランターも二年越しに片づけました。

二年も放置したら土は乾きまくってるのでふるいをかけてただいま消毒中です。

こちらは今のトマト用に準備してる土の袋が空いたらリサイクル予定です。

20141114_152148

なるべく新しい土は買わないように・・母が残した土がこれまた大量にあるのですよ(--;)

長いこと水をやらずにほったらかしてても生き残った子たち・・・

20141114_152227
元気です!(サボテンが一つ、昇天されましたが・・・)

ガーデンシクラメンがなんでだか花が咲きました。

20141114_152102

元職場の方曰くちょっと早すぎなんだそうです(店頭で花付で販売されてるのはちゃんと温度管理されてます)

来年も咲きますように?&残り3つも咲きますように。

そして、シャコバサボテンさん。

20141114_152118_2
夏の間は直射日光に当ててはいけないそうなんですが、当てまくって真っ赤になりました(--;)これ日焼け。。。治らんそうです。

忙しくてあんまり水をやってなかったもんで(これ他の子も一緒。なので残ったのは全部多肉です)葉が痩せ痩せです。

しか~し!その過酷な環境のせいで花芽がつきました\(^o^)/

きっと死んだからいかんと焦ったんだろうと元職場のベテランさんが・・・本当に死なせないよう育て方お勉強します。

さらに問題のこの子。

20141114_152056
プードルのような葉っぱの付き方。

根っこの方からどんどん枯れていくのに新芽もどんどん出てきてなぜかお花までついてます。

名前がわからないので手入れの仕方もお花のつけ方も謎。

なんで花がちゃんと咲いたのかも謎?

ただ病気や虫が付いた時の対策もわからないのでなんとか名前がわかればなぁと。

 

最後に・・・

今年もほうれん草と水菜の種まきました。

種は古いし、芽だしさせなかったし蒔くのも遅かったので芽が出るのかわかりません。

20141114_152201
できるだけ日向の温かいところに置いておりますが、夜は寒くなりましたからね。

前回の冬はバタバタしてる間に二つとものびちゃったので、収穫はちょっとだけでしたので、ちゃんと育ったらモリモリ食べたいですね。

というわけで、グリーンズもそろそろ本格的に復活予定です。

グリーンズがいると忙しいのでいろんなことの気が紛れて助かります。

よかった。よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »